看護師転職サイトお勧め3選

看護師ら医療従事者の負担増加が全国的な課題となっています。心身にたまる疲労感から転職を考える人も増えています。看護師転職サイトではコロナ禍で求人が増えています。看護師が安心して利用できる転職サイトの比較と利用方法、そして利用するメリットをわかりやすく解説していきます。

看護師が利用できる転職サイトは100社以上ありますが、豊富な求人情報の中から満足のいく転職を可能にできるのは10社くらいと言えるでしょう。時間に余裕があれば一通り登録してみるのも良いでしょうが現実的ではありません。求人情報数、対応力、交渉力などを踏まえて3つのサイトが安心して利用できます。満足いく転職を考えているなら利用する時には3つ、最低でも2つは登録するのが賢明です。

その大きな理由の1つにアドバイザーとの相性があるからです。例えば、大きな病院だから良いとか、小さい病院だから悪いとか、そうとは言い切れないのと同じです。結局は診察してくれる医師であったり、周りにいる看護師であったり、あるいは受付スタッフの対応であったりと、満足いくとか満足いかないは治療や対応といった現場力が大きな要因になる場面が多いからです。1つのサイトだけでは自分にあったアドバイザーを見るけることが難しいのです。

高収入の求人で選ぶ
お金も働きかたにもこだわるなら【ナースではたらこ】

条件の良い職場で選ぶ
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

定着率の高さで選ぶ
看護師さんの転職なら全国10万人が利用するナースパワー

看護師転職サイトの利用方法とメリット

看護師転職サイトとは、医療機関で働く看護師が転職を考えている時に特性を十分に考慮してサポートしてくれるウェブサービスの事を指し、忙しく過ごしている看護師でも都合が良い時に利用しやすい上に個人的に情報収集や相談ができるという魅力があります。

そのようなウェブサービスに在籍していてあらゆる面でサポートしてくれる存在としてアドバイザーが居て、個々の担当アドバイザーとは悩みを有しているものの相談する相手が見つからない場合や、相談し難い内容でも気軽に相談できる人材の事です。

民間企業などで働いている方が仕事について相談をする事例や転職について相談する事例などでは、周囲にも同様に民間企業にて働いている方が多い様子から相談がしやすくて返答もしてもらいやすいといった特徴があります。

看護師に関しては同様に医療機関にて働いている方が周囲に居ない事例が稀有ではないですし、従事している内容も専門性が高かったり夜勤などをしていて他の人達と生活習慣が合わない事例も珍しくありません。

しかも、同じ環境化で働いている方に相談をする事ができたとしても、相談をした事自体が広い範囲に広まって相談した事がきっかけになって現場で働き続けられなくなる事例もあります。

そのように相談したくても相談ができないという状況に見舞われやすい看護師において、いつでも気軽に相談できる相手が常駐しているというのは大きな利用するメリットになりますし、先入観を持たずに客観的な助言もしてもらえます。

また、医療現場という同じ環境化で長い年月を過ごし続けるが故に看護師は自身のキャリアについて悩む機会が増えますし、悩むのは若手に限らず中堅やベテランにおいても例外ではありません。

若手の事例では仕事を始めて間もないのに辞めたいと考えているという内容が多い上、中堅では資格の取得やライフイベントに際する今後の動き方、ベテランでは体力面や役職などが挙げられます。

このように看護師として働いているとそれぞれの年代に応じて様々な悩み事が生じますが、より良い解答をしてもらうには小さな視点で見るだけではなく今後はもちろん、広い範囲に目を向けてアドバイスをしてもらった上で計画を考える必要があります。

看護師転職サイトとは看護師に特化しているが故に、活躍している方々が医療の現場のこれまでや今後について精通しているので、これから起こる変化などもしっかりと思慮してから回答してくれます。責任感を持って回答してくれるため、専門家の立場から現状のまましばらく働き続けた方が良いと判断された時には同じ環境化で働き続けるようにアドバイスが行われますし、転職を実行した方が良いと判断された際にはしっかりと求人情報などを示してもらえます。

こうした専門性が高い情報やアドバイスが専門家から得られるのにも関わらず、看護師転職サイトは利用を開始するまでのハードルも低く、かつ無料で利用できるのが特徴です。

バナーを選択すると氏名や住所、電話番号やメールアドレスなどを入力するフォームが現れるので個人情報をしっかりと入力した上で仮登録を済ませます。

仮登録が完了すると程なくして登録した電話番号に担当者から連絡をしてもらう事ができ、担当者に対して電話で今一度求めている仕事の条件やこれまでの職歴をお話しましょう。電話でのやり取りをしている時には相手方から質問された内容に答えるだけでも良いですが、気になっている事がある時には質問してみるとその場で答えてくれます。

電話でやり取りをした希望する条件などに応じて担当者は情報を探すので、情報を探してまとめる事ができたら電話もしくはメールにて連絡をしてくれます。担当者が集めてまとめてくれた情報に目を向けてわからない所や質問したい所を見つけ出し、特に気になる事が無い時には対象の医療機関に対して書類を送り書類選考を受けます。

書類選考が通過した後は面接試験を受ける段階になりますが、面接試験を受ける場合には担当者側が転職先の方との間でやり取りを行ってくれるので、当事者が相手方と直接的にやり取りをする必要が無くて負担が軽いです。

日時などの細やかな点についても詳しく担当者が決めてくれるのに加え、面接を受ける日が訪れた場合には担当者も一緒に転職先まで付いてきてくれるので、ますます頼もしいです。

面接試験を受けてお互いに合意する事ができたら新たなる勤務先の決定となり、働き始める日や働く際の条件などを確認すれば専門的なウェブサービスを利用して進めてきた転職活動が全て終了となります。

こうした看護師転職サイトとは、担当者が詳しい所までスケジュールなどの調整や相手方とのやり取りに至るまで進めてくれるが故に、少しでも気になっている点や条件があるのなら忘れずに伝えておく事がポイントであり、些細な事でも伝えておく事でより良い転職先が見つけられたり自分らしく働けるようになります。

看護師の転職は「退職理由」が重要

より良い条件を求めて看護師の退職、転職を考える人も多いでしょう。成功できる転職とはどうすればよいのだろうと悩む人も多いかもしれませんが、転職を行う場合には、必ず次の面接で「退職理由」を聞かれることになるため、退職理由は重要なポイントの一つとなります。

面接の自分の印象をよくしたいけれども、退職理由を本当の内容で伝えてしまうと、反対に印象を悪くしてしまうのではないかと心配する看護師も多いものです。しかし面接で退職利用を伝える場合には、一つのポイントを気をつけるだけで、かなり好印象を狙うことができます。どのような退職理由であっても、前向きな退職理由がよいことを覚えておきましょう。

そもそもなぜ面接官が退職理由を聞くのかというと、仕事に対する価値観や退職に至った原因を冷静に分析、判断できているかどうか、入社した場合に同じ理由で早期離職する可能性がないかどうかを見極めるためです。そのため看護師としてのキャリアプランを形成していく中で、どのようなことを大切に、これからどう働いていきたいのかが図られているといっても過言ではありません。

退職した理由は様々かもしれませんが、特に医療業界は人手不足に陥っていて、できる限り長く勤めてくれるかどうかが採用の決め手になっていることも多く見られます。そのため伝えたときにすぐに辞めそうだと思われないように、面接の受け答えの際には慎重にいかなければなりません。

一番印象を悪くしてしまうのは不平や不満、そして愚痴と言えるでしょう。個人的な不平不満、愚痴、前の職場での悪口などは面接では一切求められていません。入職した後にどのような活躍をしてくれるのか、本当に活躍してくれる看護師なのかということを見極めるために面接を行っています。そのためこのようなときにわざわざ印象避けるようなふるまいは絶対に行ってはなりません。

同じ退職理由でも、面接官に伝わる印象は自分が前向きであるかどうか、また転職の目的意識を合わせて伝えられるかどうかにより大きく印象が異なります。志望動機ともいえますが、何のために退職するのかを盛り込むことによって、将来的にどのような気持ちで働いていきたいのかを伝えることができ、面接官にも期待感を持たせることが可能です。

たとえば転職の目的意識に自分らしさがあり、また現状の改善を試みたかったけれども難しかったなどという点では、良い意味で正当化されることになります。

とはいえネガティブな退職理由をどうやって前向きな理由に変えればよいのかわからない人も多いことでしょう。ネガティブな理由を前向きな理由にすることとしては、まず最初に退職理由をブレストしてみましょう。

自分がなぜ前の職場をやめたのか、それに該当するものを何でもいいのであげてみます。昇給しなかったり昇給しても少ないこと、拘束時間が長い、人間関係が苦手、自分の興味のない仕事が多いなど様々です。これらのあげた内容を次にカテゴリー分けしてみましょう。そして多くあてはまったカテゴリーが、一番大きな理由になっているとわかります。

また改善されたとしても、退職するという項目があるのならば、それが一番強いといえます。カテゴリー分けとしては待遇や忙しさ、人間関係と仕事内容です。

つまり昇給しないは待遇、興味のない範囲の仕事が多いは仕事内容に当たります。これらの理由から、自分の理想を導き出していきましょう。例えば給料が安いという問題があるならば、それは自分の仕事をもっと評価してほしいと言いかえることができます。次の職場でどのようにしていきたいのかを考えると前向きなものに言いかえることができるでしょう。

例えば待遇の問題があれば労働に対する適切な対価が欲しい、適切に評価されたい、認められたいなどがあてはまります。忙しさの場合には、患者とかかわる時間が欲しい、より良い看護を提供したいなどです。人間関係でいえばチームワークを大事にしたい、帰属意識を持ちたいなどがあげられ、仕事内容は成長したい、スキルアップを図りたい、一つのことを究めたいなどにに変えられます。現在の職場ではできないから次の職場ではこのようなことをやりたいというように、ネガティブな感情で済ませるのではなく、次の職場へのステップアップであることに説得力を持たせることができるようになります。

しかし場合によっては面接官の不安要素を大きくし、面接で突っ込まれてしまい、自分にとって不利に働くケースも見られます。その一つが、責任の重さや患者と接することへの不安を抱えている場合です。この場合、そもそも看護師として働いていくことができるのか、適性がないのではないかと思われてしまいます。看護師ならば、人の命にかかわる責任の重さやトラブルなどは紙一重といえます。これは医療現場で働くすべての人に共通して言えることです。この責任と不安を軽減するために成長していくのです。看護師として働き続けたいという思いがあるのであれば、この理由は控えた方がよいでしょう。

そのほかにも同棲したい、病気のためなどの理由も、面接官に良い印象を与えることはないので気をつけましょう。

看護師が転職で収入を増やすポイント

看護師として働いている年月が長くなるのにつれて担う役割についても大きくなっていく上に業務量も増えていくため、より一層満足感がある収入を欲するのは自然な事です。

また、看護師は看護学校を卒業した後に看護学校との関係性が深い病院にて活躍し始める事例が多い仕事でもあるので、一定の期間にわたって働き続けた際に他の病院で働いている看護師から耳にする話が関係し、現状に不満を抱くきっかけにもなります。

そのように収入アップを目指している看護師が本格的に行動に移す前に念頭に置いておくと良いのが、これまでよりも多くの収入を得るようにするにはポイントを抑えて看護師転職をするか働く時間を長くする方法がある事です。

看護師転職もしくは働く時間を長くするという選択肢がある中で働く時間をますます増やす選択をした場合には、これまでよりも休日の数も少なくなりますし要する体力もより多くなります。

そのため、看護師転職をきっかけにして多方面で負担が無いまま収入アップを実現させたい時には、活躍する環境の中において唯一無二の存在になる事が求められます。他の人達も行う事ができる業務内容では得られる給与の額も低くなりやすい特性がありますが、限られた人しか行う事ができない仕事に従事できる能力を有していれば見合った金額が得られます。

看護師として働いている方々は看護師の免許を有していますが、他にも管理職において高い能力を発揮する事ができたり英語が話せるなど、他の人達とは一線を画する能力を持っていると良いです。唯一無二の能力を持っている数が多いほど希少性が高められて収入アップに繋がりますが、既に他の人達よりも多くの収入が得られている人達が活躍している場所を知っておく事も大事です。

看護師であるが故に医療機関に病院で働くという点では共通していますが、収入が高い方に共通しているのは病床数が多めの医療機関で働いている方の方が収入が高いという様子です。病床数の他には各地域によっても金額に差異があり、各地域では物価や家賃なども差異があるものの、地域が異なるだけで3万円も金額差がある事例もありますし、家賃は医療機関側が保障してくれたり寮を利用させてくれる事例もあるので、地域差による金額の差が収入に直結する事も珍しくありません。

そして、収入アップが実現させられた事例では役職に就いたタイミングが特に多く、役職により収入が高まるのは基本給が高くなるのはもとより役職手当もプラスされるためです。多くの病院では看護部長になると突出して高い収入が得られるようになるものの、中には看護師長の段階でも同等の金額が得られる事例もあるので、看護師転職をする前には各役職で受け取れる金額を理解しておくのも良いです。

看護師転職をきっかけにしてますます多くの収入を確保したいと考えている時には、経営者または経営者に近い位置で活躍するポジションになる事も良い方法であり、看護部長などは病院の経営をするポジションなので突出して高い収入が得られます。

病院の中には看護部長でありつつも副院長という立場も同時に果たしている事例があり、看護部長兼副院長であれば尚一層収入アップになります。同様に経営についても能力を有していて経営をしながら看護師もして収入を向上させたい時は、訪問看護のステーションまたは医療関係の会社経営に着手するのも良い術です。

看護師転職をした後に着実に転職先に収入を高めていくには副院長を目標にするのが良く、副院長は看護部長が兼任している事例もあるため、看護部長になった時点で副院長になれれば他の事例よりも少し段階を減らして同様の大きな収入が得られるようになります。

看護部長を目指す時に大切なのは、実力や実績が高いのはもちろん信頼も欠かせないのであらゆる要素を総括的に高めていく必要がありますし、院内で働いている数多くの看護師の中において共通して相応しい人材であるという判断をしてもらう事も求められます。

さらに看護部長になるには認定看護師や専門看護師、大学院の卒業といった要素が求められる事例もあるので自身が求められる条件を満たしているのかも確認しておきましょう。

加えて、今後のキャリアについても具体的に考えた時には体力面で専門学校を卒業して間もない時のように動く事ができないと判断する方も少なくありません。

長い目でキャリアを考えた時に第一線で活躍しつつも体力面で負担にならないまま収入アップをしたい場合には、経営学修士も考えておくと良いです。

経営学修士というのは大学院にて経営学を学び終えるともらう事ができる学位を指し、今日では第一線で活躍している知名度が高い企業の経営者も率先して取得しているのが特徴的です。看護師が取得していれば医療現場にて看護師として働く事ができるようになるのと同時に、専門的な経営者という立場でも活躍できるようになって人脈も広がります。

失敗しない転職とは

転職したけど思っていた職場と違うということがあります。転職に失敗しないようにするにはどうすればよいか。

その答えは2つだけです。

まず、しっかりとその病院がどういうところなのか見ることです。病院やクリニックのホームページを見るものよいでしょう。家から行ける範囲にあるなら足を運んで患者として行ってみるのも良いでしょう。病院やクリニックにはそれぞれの雰囲気があります。自分が馴染めるのかどうか判断するのが大切です。これは面接の後であっても同様です。面接をしてみたけどちょっと違うかなと思ったら遠慮せずに担当アドバイザーを通じて断りを入れるようにしましょう。その時は募集側に迷惑をかけますが、働き出してすぐに辞められるほうがもっと迷惑がかかってしまうものです。

次に自分が何を優先して転職をしたいのかを明確にすることです。例えば、30分以内の通勤圏内で探すのか、給料は最低いくら欲しいのか、夜勤はしたくないのか、子育てしながら働ける職場なのか、いずれにしても明確であればあるほど失敗する可能性はなくなります。もし、あなたが今の職場を嫌で辞めるなら、なおさら担当アドバイザーにしっかりと明確に希望を伝えることが大切です。

看護師の転職に強いサイト

「ナースではたらこ」

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに【ナースではたらこ】

1.サイトには出ない「非公開求人」もご紹介 ┗Webに公開されていない最新の人気求人があります。ご登録者の方限定で、紹介しています。

2.看護師人材紹介「満足度No.1」※ ┗多くの看護師さんに支持され、満足度第1位!  (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20~40代)

3.日本最大級の医療機関情報を掲載! ┗全国各地の医療機関情報を網羅。日本最大級、看護師さん専門の転職・求人サービスです。

4.東証一部上場企業が運営。セキュリティーも万全! ┗「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの  上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗であるディップ株式会社が運営しております。

看護のお仕事

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

1.全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポートしてくれます。

2.看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!

3.累計年間登録数業界最大級の11万人以上!

4.業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!  →最新の人気求人なのでご登録者限定での紹介です!

5.医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。常に業界の情報をキャッチアップし、看護師さんの人生が少しでも良くなるように考えて対応しています! もちろん給与などの個人で行うと難しい条件交渉もしてくれます!

6.各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!  →実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえた提案をしてくれます!

7.働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!  

8.2013年(株)ネオマーケティング調べにて、三冠を達成! 『サービス満足度 No.1』 『コンサルタントの対応満足度 No.1』 『友達に進めたいランキング No.1』

ナースパワー人材センター

看護師さんの転職なら全国10万人が利用するナースパワー

1.看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年を経過しました。

2.全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師のニーズに対応しています。

3.実求人先が全国40,000件以上。長い歴史をかけた求人先数が圧倒的に多いので、選択肢が拡大します。

4.看護師の専門的な就職相談は、30年の歴史がありノウハウが蓄積されています。

5.就職相談にあたる、職員コーディネーターはレベルアップ研修を受講しており、担当によるバラツキがありません。

6.新しい働き方「応援ナース」は当社独自の商品として開発され平成15年から人気を呼んでいます。

タイトルとURLをコピーしました