医師転職、非常勤の働き方と仕事内容

医師は現代社会において非常に重要な役割を果たしています。近年は、高齢化が進んでいるため医師を必要とする人が少なくありません。ですが、常勤医師だけでは人数が不足しており仕事が回らない状態になっています。特に大きな病院や大学病院は、24時間入院患者を診なければいけません。入院患者は、病院側の都合に関係なく突然状態が悪くなったりすることもあるでしょう。この時、誰も診察する人がいなければ命を落としてしまう可能性もあるわけです。そこで、常勤医師と非常勤医師が交互になって仕事をする仕組みになっています。

ところで、非常勤医師とはどのような人のことでしょうか。これは仕事内容に大きな違いがあると言うよりも、勤務時間に違いがあります。常勤と非常勤の違いは、1週間に32時間以上働くことができるかどうかです。32時間より多く働くことができるのは常勤の人たちで、非常勤はそれ以下の時間に制限されるわけです。この内容は法律で定められており、2014年の医療法から適用されるに至りました。
医師、非常勤の働き方の中で最も特徴的なのは、時間が短いことにより時間の融通が利くことです。基本的に非常勤医師はアルバイトとして雇われるケースがほとんどです。そのため、コンビニのアルバイト等と同じようにある程度融通がきくわけです。つまり他に仕事をしながら医師免許を持っているため非常勤医師として働くことも可能です。ただ、給料が全く異なりコンビニのアルバイト等は時給1,000円程度ですが、非常勤医師は10,000円程度もらうことができます。もちろんその分仕事内容もとても重要になってくるでしょう。基本的に多くの治療の場面は命に関わらないことですが、中には命に関わるようなこともあります。例えば、入院していた人が意識不明の重体になった場合、その時非常勤医師しかいなければ最終的にその人がどのような治療をするか判断しなければいけません。そのため、アルバイト感覚で気軽にできるものではありません。命の重さを考えれば、時給10,000円になるのは納得できるところです。

仕事内容、給料、残業などを見ていくと、仕事内容に関しては実に様々な種類のものがあります。病院によっても異なるだけでなくその経験によっても異なるでしょう。一般的には、診療を行っている人が多いです。例えば風邪をひいた人や怪我をした人が病院にやってきて診察を受けますが、その時は非常勤医師が担当しているケースも少なくありません。常勤の医師だけだと休みがなくなってしまうため非常勤医師を雇って穴埋めする仕組みです。このように考えれば、通常の常勤医師と仕事内容に違いがない事は理解できるはずです。緊急の患者さんの場合は手術をすることもあります。通常の場合には、常勤医師が手術をすることになるでしょう。これは、先の予定が決まっている場合です。例えば、5月10日に手術をすることが決まっている場合わざわざ非常勤の先生を使う必要もありません。常勤の先生が予定を合わせて手術をしてくれるわけです。患者としても、すでにいる先生の方が安心できると言えるでしょう。しかし、たまたま夜中に非常勤の先生しかおらず緊急の患者さんが入ってきた場合わざわざ常勤の先生を連れてきて手術をさせるわけにはいきません。このときは、その時間帯に働いている非常勤の先生が手術を行うことになります。的確な判断が求められているため、それなりに経験が必要になるでしょう。非常勤の先生の中には、あまり経験がない人も少なくありません。大学を出て医師免許を取得しそれから数年間病院で働いている先生の中には、非常勤の先生もいっぱいいます。これは、時間の融通が利くこともありますが、正式に採用されなかったことも理由になっているわけです。

ただその一方で、今まで常勤医師として働いていた人が非常勤にするケースもあります。例えば、女性の先生などがこれに該当します。女性の医師が結婚をしてその後子供を授かった場合、今まで通りに働けるとは限りません。この場合、時間を短縮してもらう理由から非常勤に勤務体系を変更するケースがあります。それは一時的なものの場合もあれば、かなり長期的に短い時間で働くことも考えられるわけです。そのような先生ならば、常勤時代にたくさんの経験をしてきているためある程度難易度が高い手術なども行うことができるかもしれません。薬を処方するのも病院の仕事の1つです。患者に関してし、正しい診察をして適切な薬を処方するわけです。つまり、最低限必要な知識や経験も大事になってきます。給料は、1時間10,000円と考えれば1週間のうち最大で320,000円まで稼ぐことができます。しかし、常に32時間ギリギリで入っている先生の方が少なく、実際には10時間程度しか働かない人も多いです。それとも一家月に換算すると400,000円の給料をもらうことができます。残業に関しても、普通にあると考えておけばよいです。ただし、決められた時間の中でしか働くことができないため、やむを得ない場合を除いて長時間の残業は滅多に行われません。

タイトルとURLをコピーしました