不眠症なら知っておこう睡眠薬と睡眠導入剤の効果の違い

睡眠薬と睡眠導入剤の違いについて、睡眠薬は内科でも外科でも処方されている医薬品です。薬で眠れるようになるので助かりますが、日中の脳機能低下などに気づかないケースもあるでしょう。夜になるとよく眠れるので朝はスッキリ起きることができますが、多くの場合日中にも影響が現れます。

睡眠導入剤や睡眠薬という呼ばれ方がありますが、基本的に消失半減期が短いタイプを睡眠導入剤と呼んでおり、これらの効果に違いがないでしょう。

睡眠薬の種類にはいくつかあり、ベンゾジアゼピン受容体作動薬は現在多く使用されています。ベンゾジアゼピン受容体作動薬について、1955年に最初の合成物クロルジアゼポキシドが発表され、現在非常に多く使われています。ベンゾジアゼピン受容体作動薬の場合、依存性があるので最近使用を制限している動きもあるので注意が必要です。現在一般のクリニックで、このような古い薬が処方することはないので、安心して利用することができます。ベンゾジアゼピン受容体作動薬には依存性があり、いろいろな副作用がありました。

最近ベンゾジアゼピン受容体作動薬と異なる作用機序の薬がリリースされており、睡眠薬の代わりとして向精神薬なども利用されています。眠気を誘発する向精神薬も不眠症の臨床において用いられるようになり、これらの薬は睡眠薬よりも強いというイメージがありますが、実際そうではありません。少量の投与により睡眠を改善する人は多く、ストレスを受けやすい人に多く利用されています。

このタイプは依存性がないため、離脱が比較的スムーズに行うことができるでしょう。これらの薬は薬物作用について知識がある臨床医により、多く使われるようになりました。

作用機序としてヒスタミンという覚醒に関わる物質の働きを抑制する作用や、セロトニンの作用を抑える働きが睡眠に関係しています。服用すると30分くらいで血液中の濃度が上がっていき、それから分解され体外に排出されながら、血液中の濃度はダウンする仕組みです。

最初の最高濃度~ら半分まで下がる時間帯について、血中濃度の半減期と呼ばれています。よく利用されるゾルピデムの半減期は2時間ほどで、服用した後30分で血中濃度は最高値に達する仕組みです。その後2時間くらい経つと1/2になり、4時間経つと1/4になります。6時間経つと1/8になっていき、8時間経つと1/16にダウンするでしょう。

服用したとしても、朝になるとスッキリ起きられるのが一般的な考え方です。半減期について注意しておかなくてはいけないことがあり、標準的な半減期に関して若年正常成人において測定されているものになります。高齢になると一般には代謝が下がったり、個体差は大きくなるので一般的な半減期はすべての人にあてはまるものかは分かりません。

一般的に短めのものについて、誰に対しても長めのものより短いと言えるでしょう。睡眠導入剤や睡眠薬について、半減期の短いものが睡眠導入剤と呼ばれており、薬理作用自体に変わりがありません。同じベンゾジアゼピン受容体作動薬になっており、依存性に配慮しながら適切な薬を利用することをおすすめします。必要な時にだけ利用するという考え方が大切で、基本的には薬に頼らないようにする生活が重要です。

依存性の少ない薬を合わせて投与したり、ベンゾジアゼピン受容体作動薬などを減らしながら少しずつ別の薬に置き換えるという発想もあります。離脱できるなら、薬物からは離脱したりやめた方が得策です。ぐっすり眠った後の清々しい目覚めは言葉に置き換えられないくらい、幸せな気持ちを感じることができます。

健やかな生活を過ごすためには、良質な睡眠は欠かすことのできないものです。寝つきが良く更にすっきりした寝起きが、睡眠の理想と言えます。素敵な1日のスタートにもなるので、睡眠にはいろいろなメリットがあります。

例えば気持ちを晴れやかにしたり、疲労回復することが可能です。免疫力向上やストレス解消、美肌効果や肥満防止にも効果があります。脳の若返りなど、いろいろな効果を体にもたらしてくれます。

睡眠不足になると全身の倦怠感を感じるようになり、集中力や判断力・持久力などの低下にも繋がります。睡眠不足による車の運転行為は飲酒運転に値するという報告もあり、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすかもしれません。

日本人の睡眠事情は良いとは言えず、睡眠不足が常態化する傾向にあります。アメリカやヨーロッパ諸国と比較すると、日本人の睡眠時間は短くなっています。多くの人が自分の睡眠の質について満足しておらず、慢性的な不眠の悩みを抱えている人も多いです。いろいろな睡眠障害があり、寝つきが悪く眠りにつくのに1時間以上かかるような入眠障害や、夜中に何度か目が覚めたりなかなか寝つけない中途覚醒があります。起床予定の時刻よりも早く目が覚める早朝覚醒や、眠りが浅くぐっすり眠れず疲れが抜けない熟眠障害なども多いです。このような睡眠障害を改善するため、薬を上手に利用することをおすすすめします。

タイトルとURLをコピーしました