看護師が病院を辞める理由で多いのは

看護師転職に頭を悩ませている病院は少なくありません。医療業界はどこも人手不足ですが、そのなかでも特に目立つのが看護師の退職だからです。いくら優秀な医師がいても、それだけでは十分な医療活動を行えないのが現実です。そのため、多くの病院が看護師の流出を止めるために工夫をしています。そこでポイントになるのが、どうして転職という結論に至りやすいのか把握することです。さまざまな要因が関係していますが、代表的なものだけでもチェックしておきましょう。また、自分が看護師の場合はそれらを知って注意することで、何度も転職を繰り返すような事態になることを防ぎやすくなります。

まず、退職理由で多いのは看護という仕事が過酷であることです。オフィスワークなどとは異なり、基本的には肉体労働なので体力がないと長く続けられません。20代のころは平気でも、30代の後半に差しかかる頃には体が悲鳴をあげやすくなります。特に夜勤を担当することが多いと、その悩みはさらに大きくなってしまいます。昼夜が逆転する生活を送ることになり、次の勤務までに体力をうまく回復させられません。時間は日勤と同じぐらいでも、生活のリズムが狂うので心身ともにリラックスできない状態になるのです。このままでは体がもたないと感じ、その解決策として転職を選ぶケースが多く見受けられます。

また、夜勤の存在は他の面でも悪影響を及ぼします。通常の勤務をしている友人や恋人とうまく時間を合わせられません。そのため、旅行やイベントに自分だけ参加できないことがよく起こります。そのような状況が頻発すると、友達と疎遠になってしまったり恋人と別れたりする悲劇につながりかねません。場合によっては家族とすらろくに顔を合わせられない生活が続くこともあるのです。人を助けるという社会的な意義の大きな仕事ですが、その代償として自分が不幸になっているように感じられます。その結果、別の職業を目指して転職活動をスタートする人も珍しくありません。必死に頑張ったあげく、最後には燃え尽きるように退職していく人もいます。すでに孤独になっていると、退職後の生活もしばらくは味気ないものになるでしょう。そのような先輩たちの悲惨な姿を目の当たりにして、早々に転職を決意する若い看護師も増えてきました。

さらに、人間関係も退職理由のなかで特に多いものです。どのような業界でも人間関係は難しいですが、看護師の世界はそれが顕著といえます。なぜなら、今どき珍しいほどの女性社会として成り立っているからです。そのため、女性特有の妬みやつらみが蔓延している病院も珍しくありません。男性医師に気付かれないように、特定のターゲットだけを仲間はずれにすることなど日常茶飯事です。女子高生や主婦のグループのように、一人の有力者を取り巻く形で弱者を排除しようとする傾向が多く見られます。仕事のストレスをターゲットにぶつけて発散しているケースも多いです。対象になってしまった人は、最初のうちは負けないように頑張っていても、いずれ心が折れてしまいます。そして、おのずと転職を検討する流れになるというわけです。これは男性の看護師に関しても同じことがいえます。女性社会に馴染めずに逃げ出してしまうケースも少なくありません。男性の人手不足を嘆く一方で、自分たちで排除するという矛盾を生み出している女性はたくさんいます。一般的な男性は、女性の陰湿な嫌がらせに対する抵抗力が強くありません。そのため、働き始めてすぐに転職してしまうケースも増えています。相談したくても周囲に男性が少ないですし、同性の医師に泣き言をいうわけにもいきません。自分で抱え込んだ結果、その場から離れることでしか解決できなくなるのです。

女性の看護師に関しては、結婚を意識して辞めるケースもよくあります。看護師は自由に休みをとれないのが一般的であり、婚活をうまく進めることは困難です。せっかく知り合っても以降のスケジュールが合わないですし、それによって男性側は結婚生活をイメージできない状況になります。ですから、いったん退職して結婚によって家庭に入ってしまうケースも多いです。そして、子育てがひと段落してから復帰することが定番の流れになっています。人手不足の業界なので、かなり長いブランクがあっても不通に採用してもらえる可能性が高いです。そのような見通しもあるので、気兼ねなく退職を選べるという裏事情もあります。

いずれにせよ、看護師側は円満退社を心掛けることがポイントになります。職場の人たちと喧嘩別れのような状態になると、同じ病院に復帰したいと思っても実現できません。それどころか、悪いうわさが広まってしまい、他の病院への転職活動にまで支障が出かねません。したがって、どのような理由で辞めるにしても、投げやりにならないようにしましょう。できるだけ良い印象を残しておくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました