エナジードリンクと栄養ドリンクの「違いと効果と影響」

エナジードリンクや栄養ドリンクは、疲れてしまった時や、元気になりたい時に飲む人が多いことでしょう。多種多様なものが溢れていて、滋養強壮や披露宴の効果が謳われていたり、コンビニエンスストアでも手軽に購入することができ、仕事や家庭で疲れてしまった日本人にとっては、強い味方に感じる人も多く見られます。数ある商品の中から選ぶことになりますが、その際に成分や値段を気にする人が多く見られます。なかには100円程度のリーズナブルなものもあれば、数千円もする高級なものまで様々です。さらに近年ではエナジードリンクと呼ばれるものまで登場し、コンビニなどの棚にはずらりとたくさんの種類が並んでいます。

実際にエナジードリンクと栄養ドリンクは同じものではないかと思う人が多いですが、成分により分類が可能となっています。その分類は薬局でしか販売することができない医薬品と、コンビニでも購入出来る医薬部外品、そして清涼飲料水です。その中でも2つの違いにあげられることは、栄養ドリンクは医薬品や医薬部外品である事、エナジードリンクが清涼飲料水であることです。成分や成分含有量、期待できる効果などがそれぞれ違うため、この二つの違いをはっきりと知っておくことが何よりも重要です。

簡単に説明すると、栄養ドリンクは薬事法に係わる医薬品もしくは医薬部外品にあたります。一方でエナジードリンクは食品衛生法に係わる清涼飲料水に該当します。エナジードリンクの場合には、食品衛生法により、食品添加物だと認められている成分しか使うことが出来ません。含有量や効能を表示するために、栄養ドリンクには含まれているタウリンを含むことができなかったり、成分に制限が設けられています。また医薬品や医薬部外品の場合には、滋養強壮肉体疲労などの効果や効能に対して表現や表記が認められているのですが、清涼飲料水の場合には、このような表現はしてはいけないことになっています。清涼飲料水ではどのような表現が認められているのかというと、頭をスッキリとした飲み口や喉を通る爽快感などのような、飲み心地に関することです。基本的には、清涼飲料水の場合には、医学的な根拠はありません。とはいえ医薬品や医薬部外品に当たる栄養ドリンクが、必ずしも飲んで効果を発揮するわけではないことを覚えておきましょう。

それではエナジードリンクにはどのような成分が含まれているのかというと、その一つがカフェインです。多くのエナジードリンクに含まれている成分であり、カフェインは有名な言葉ではありますが、実はアルカロイドと呼ばれる化合物のひとつです。覚醒作用や解熱鎮痛作用、利尿作用などが幅広く知られている効能と言えるでしょう。その他にも集中力や記憶力がアップしたり、自律神経の働きを促すなどの報告もされています。交感神経を刺激することができるため、代謝を高め脂肪燃焼も期待できるでしょう。そして二つ目がアルギニンと呼ばれるものです。アミノ酸の中でも体内で生産することができる必須アミノ酸のひとつです。体脂肪を脂肪酸に分解する、コラーゲンを生成するなどの特徴があります。血流を促すことから疲労回復や、筋肉増強の補助、アンチエイジングなど、その働きは非常に多く見られます。アルギニンの適切な摂取量としては、1日に2000mmから4000mgだと言われています。とはいえ摂取量には個人差があるのが実情であり、ダイエットをしている場合にはその倍の量、筋肉を激しく損傷するようなアスリートの場合には、1日に1万mg以上が求められます。三つ目の成分はナイアシンと呼ばれるものです。これは水に溶けるビタミンであり、ビタミンB群の仲間です。栄養ドリンクにも多く含まれていますが、このナイアシンには糖質や脂質からエネルギーを生産する際に働く酵素を助ける役割を持ちます。皮膚や粘膜の状態を維持することにも繋がるでしょう。ナイアシンが不足することで消化不良を起こして食欲不振になると、皮膚が荒れて炎症を起こすなどのことが考えられます。そしてビタミンB群ですが当店ビタミンはそれぞれ働きが異なります。相互に作用しあって体内にエネルギーを行き渡らせていくことになるでしょう。

このように成分を見ると体に良さそうだと思うかもしれませんが、実は命に関わる危険性もはらんでいます。実際に命を落とした症例もあり、その原因の一つがカフェインの過剰摂取による心不全です。医薬品としての栄養ドリンク一本あたりのカフェイン含有量が定められているものの、清涼飲料水の場合には含有基準が定められていないのが実情です。中には医薬品には認められていない量のカフェインが含まれている製品があるのです。特に小さな子供の場合には、カフェインを過剰摂取することにより命の危機に見舞われる危険性もあるため、飲み過ぎはよくないということをしっかりと頭に入れておきましょう。またその他の成分でも、飲み過ぎることで副作用や悪影響を及ぼす事があるため十分な注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました