消火器内科とはどんな病気を診察する診療科なのか

Q. 消化器内科はどのような診療科ですか?

消化器内科

消化器内科は内科学の一分野である消火器学により治療を行う診療科です。

主には「胃腸学」を元とした食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等、「肝臓学」を元とした肝臓、胆嚢、膵臓を含む消化器全般を取り扱う分野です。

主な疾患

肝炎、肝硬変、肝細胞癌、転移性肝癌、食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌、小腸出血、大腸ポリープ、大腸癌、胆石、胆嚢炎、胆嚢癌、胆管癌、膵炎、膵癌、閉塞性黄疸

肝炎

肝炎とは、「肝臓に炎症が起きている状態」です。肝臓の細胞が破壊されている状態とも言えるでしょう。 肝炎を引き起こす原因は様々ありますが、肝炎の多くが「ウイルス性肝炎」です。

肝炎急性肝炎の症状
発熱喉の痛み頭痛などの風邪の様な症状吐き気腹痛、全身がだるい、食欲不振、尿が茶色くなる

食道炎

食道炎とは、胸やけ胃もたれ感、不快感がでます。病状が進行して、中程度から重症になると飲み込み時にしみる感じがあります。さらには胸の痛みが起こり吐血(とけつ)する場合もあります。

胃炎

胃炎とは、胃の粘膜が炎症している状態です。 胃炎は、感染、重度の疾患によるストレス、損傷、ある種の薬、免疫系の病気など、様々な要因によって起こります。 腹痛や腹部不快感、ときには吐き気や嘔吐などがみられます。

診察

消化器内科は胃や大腸などの消化器に異常が見られる場合に診察してもらう診療科です。

内科と消化器内科の違いは、より専門的に消化器系を診察できることです

健康上の不安があれば一度診察を受けるのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました