熱中症とはいったい何か

夏場になると毎年必ず話題になるのが熱中症であり、軽い症状の場合もあれば最悪の事態を招いてしまう場合まで様々です。熱中症とは何かわかりやすく解説すると、体温が上がり体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまったり、体温の調節機能が上手く働かなくなることにより、体温の上昇を引き起こしたりめまいや頭痛、痙攣をはじめとしたあらゆる症状が発生する状態のことを意味しています。

ふらついたり目眩を起こすことは、熱中症の典型的な初期症状となっており、軽度だからと放置するのではなくすぐに休むことが大切です。しかし中には熱中症になる前から体調を崩している状況で、自らが熱中症になってしまっていることに気がついていないケースも珍しくありません。熱中症を発症してしまったら、適切に応急処置をすることが大切であり、しっかりとした処置ができれば軽度の熱中症で終わるので命に関わるような重症な状態になってしまうこともなく、早い段階で対処することが必要不可欠と言えます。

涼しい場所で水分を補給して休憩していれば回復する軽度な場合には良いですが、中にはすぐ医療機関に連れて行がなくてはならない状況という場合もあります。原因と対策を理解しておくことで、自らの熱中症を防ぐことができるのはもちろんのこと、身近な人の健康や命を守ったり、近くの人が熱中症になってしまった時に最適な対処をすることができるのもメリットです。

暑さにより体温調節機能が乱れ、体内の水分量や塩分量のバランスが崩れたりすることなとか原因であり、気温の高い環境に長時間いることで体温を調節する機能が狂ってしまったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることによって起きてしまいます。めまいや痙攣、頭痛や意識障害といったあらゆる症状をまとめて熱中症と呼んでおり、暑さによる環境が要因となるだけではなく身体の状態による要因もあやので両方に気を使っておくことが大切です。気温が高いのはもちろんのこと湿度が高い場合や、日差しが強く風もあまり吹いていないという環境によるものと、寝不足や疲れていたり病気により体調が優れない場合や、激しい運動をして体内に熱が蓄積されているという、体の状態も要因になってきます。

真夏ではない時期には熱中症にはならないイメージを持っている人も多いですが、身体がまだ暑さに慣れていない状況の場合にも熱中症になる可能性が高く、真夏以外にも注意して過ごすべきです。特に高齢者や乳幼児、持病のある人はより気を付けておくようにしましょう。体内で過剰な熱が作り出されたり、熱の放出がうまくいかないなどが原因として主になっています。そうなることにより大量の発汗を引き起こすので、汗と一緒に体内にある水分や塩分が消失してしまい、血圧の低下に繋がったり筋肉の硬直といった熱中症の症状が起きることになります。曇っていたり夜には起きないと考えてしまいがちですが、夜眠っている間に熱中症になってしまうことも珍しくありません。湿度が高い日や風がない場合に発生することがあり、急激な気温上昇が起きた時には身体が適応できずに発症することがあります。睡眠不足で疲れていたり、前日に飲み過ぎて二日酔いになっているなどの体調不良の場合には、本来なら熱中症にはならない状況でも発症を誘発してしまうことも珍しくありません。中には薬の副作用によるものだったり、皮膚疾患や肥満などにより熱中症になってしまうこともあります。

熱中症の対策として、暑い時や体調が良くない時に無理をしないのはもちろんのこと、こまめに水分をとったり無理して暑い部屋で過ごさず、扇風機やエアコンを上手く使用することも大切です。外出時には帽子や日傘を使うようにしたり、風通しが良い涼しい洋服を選ぶこともポイントとなってきます。高温多湿の場所を避けるようにすることも大切ですが、避けられない状況の場合は激しい運動をしないようにし、日陰で過ごすように気をつけることも大切になってきます。水分は一度にたくさん摂取するのではなく、こまめ摂取することがポイントであり、喉が渇いたと感じた時にはすでに脱水が進んでしまっている状況なので、喉が乾く前に摂取しておくようにしましょう。きつい洋服や汗が蒸発しにくい素材の洋服は避けるようにしておき、身体に不調や異変を感じたら無理せず休むようにしておくことが重要です。熱中症は高齢者は自分で気が付きにくくなっていたり、小さな子供も周りの大人が気を付けてあげる必要があることは間違いありません。一昔前の暑さと現在の暑さではかなり大きな差があり、一昔前では考えられないほど異常な暑さになっているからこそ、原因を理解しておき熱中症にならないように対策することが必要不可欠となってきます。万が一熱中症になってしまったと感じた時に、すぐに連絡できる緊急の連絡先を見つけておくことも対策の一つとして重要になってきます。

タイトルとURLをコピーしました