仮性包茎は手術する必要ないが真性・カントンは要手術

包茎とはペニスの先端にある亀頭に包皮が覆いかぶさっている状態を言います。

実は包茎の種類は1つだけではありません。通常時に亀頭が包皮に覆われている場合は包茎に該当しますが、剥け具合によって種類が違っていることを知っておく必要があります。

そもそも、ペニスは陰茎部と亀頭に分けることができますが、幼少期には亀頭と包皮が癒着していて亀頭を露出させることができないはずです。成長するとともに癒着が取れるようになり、思春期頃には自然と亀頭が露出する状態になります。勃起しなくても亀頭が露出していれば包茎ではありませんが、このときに亀頭が包まれたままであると包茎だと判断してください。

最も多いのは仮性包茎ですが、勃起していないときは亀頭の一部もしくは全部が包皮に包まれています。勃起したときに痛みや締めつけられる感覚を感じることなく亀頭を露出することができる場合は、仮性であると判断することが可能です。

仮性包茎とは別にカントン包茎は包皮の先端が狭くなっている種類だと言えます。亀頭を露出させようとしたときにこの部分や陰茎を強く締めつけることになり、痛みを感じるケースが多いです。締めつけが起こることによって亀頭の全てを露出することが難しくなる場合はカントンだと考えることができます。

真性包茎は包皮の先端部分が非常に狭く平常時も勃起時も全く亀頭を露出することができません。亀頭と包皮が癒着していることがほとんどであり、ペニスの成長が妨げられていることも非常に多いと言えます。

基本的な種類はこの3つだと考えられていますが、原因別に埋没型包茎と老人性包茎もあることを知っておきましょう。前者はペニスが埋まっていることで皮がせり出してしまい、皮が被った状態になるケースを指しています。肥満体型の人に多いです。普段は皮が剥けるけれど、座ったときや前かがみの体勢になったときに皮が被ってしまう場合も該当します。老人性包茎は加齢によってたるんだ皮と亀頭のハリがなくなったことが原因で起こるものです。

もしも、いずれかの包茎で悩んでいるのであれば治療を受けることができます。ただ仮性包茎の場合は治療する必要もないためそのままでも問題ありません。カントン包茎の場合は治療するほどでもないケースがありますが、真性包茎の場合は放置することで病気になりやすい、不妊症の原因を引き起こしやすいという問題が生じることが多いため一度診察を受けに行くのが良いでしょう。

真性以外の場合でも性行為の際に痛みが生じる、清潔さを維持することが難しくて臭いやカスが気になる場合は治療が推奨されています。

こういった症状を診てもらうためにはどういった病院に行くべきか迷うかもしれませんが、いくつかの病院から選ぶことができることを知っておくとよいです。皮膚科や泌尿器科、メンズクリニックで診察を受けることができるので、いずれかの病院を受診することをおすすめします。

ただし、なるべくコッソリと通いたい、手術を行いたいなどの考えがある場合は、泌尿器科やメンズクリニックがおすすめです。皮膚科では手術を行うことができず紹介状を書いてもらうことになるケースが多いですし、皮膚科は性器とは関係のない部分に問題が生じて受診する人が多いので、診察時や待ち時間に居心地の悪さを感じやすいと言えます。

知り合いに会ってしまうリスクも高いため、泌尿器科やメンズクリニックが便利です。特にメンズクリニックは男性が性器に問題があるときに受診するケースが多いので、安心して通いやすい場所だと言えます。好みに応じて選ぶことはできますが、手術まで考えているような場合は泌尿器科もしくはメンズクリニックを選択するとよいでしょう。

子供の包茎の場合は何科へ行けばいいのだろうと疑問に思うかもしれませんが、大人と同様に皮膚科や泌尿器科、メンズクリニックで診てもらうことができます。子供の病気のほとんどを小児科で診てもらう人も多いですが、専門的な診察を受けるためにも小児科ではなく泌尿器科などを受診するようにしてください。

包茎をそのままにしておくと性器が不衛生な状態になって自分自身やパートナーが病気になってしまう、包皮のせいで成長が阻まれてしまう、悪臭が気になる、子供をつくろうと思っても痛みで性行為ができないなどの問題が発生することがあります。種類や状態によって深刻さは違ってきますし、病院で治療を受けるべきかどうかも異なってくるでしょう。

泌尿器科やメンズクリニックでは、手術を受けるかどうか決めかねていても診てもらうことができます。自分で治療を行ったほうがよいのかどうか判断することができないのであれば、病院で医師に診てもらうことがおすすめです。医師が診察した結果、何かしら対策を講じたほうがよいと判断されたのであれば治療を受けるとよいでしょう。

包茎の症状を抱えている男性の中には、自分の症状の種類や診てもらえる病院の種類を正確に把握していない人も多いです。後悔しない行動が選択できるようにするためにも、いずれかの種類の包茎に該当する男性はこれらの内容について理解しておくようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました