医師の転職に私がおすすめしたい3つのサイト

新型コロナウイルスの感染拡大で、治療に当たる医師らが過酷な環境に置かれていおり、現在のご勤務先の環境の変化や、不安感などの理由から転職サイトに登録する医師が増えています。

ただ、医療現場はひっ迫し、医療崩壊ともいわれるなど現段階においてすぐに行動するとはならず、コロナが落ち着いた段階で動けるように今後を見据えた準備をする人が多いのもの事実です。

特に条件の良い求人などはすぐに募集が終了してしまうため、タイミングを待ちながら今の仕事をするのが望ましいといえます。医師の転職にかかる期間は平均3ヶ月程度、人によっては半年以上かかるケースも珍しくありません。そのため、今すぐの転職でない方も、常に非公開求人をチェックしておくことが転職を成功させます。

医師が利用できる転職サイトは100社以上ありますが、豊富な求人情報の中から満足のいく転職を可能にできるのは10社くらいと言えるでしょう。時間に余裕があれば一通り登録してみるのも良いでしょうが現実的ではありません。求人情報数、対応力、交渉力などを踏まえて3つのサイトが安心して利用できます。満足いく転職を考えているなら利用する時には3つ、最低でも2つは登録するのが賢明です。

その大きな理由の1つにアドバイザーとの相性があるからです。求人情報の収集といった事務的な作業では問題にならないことも、医師の希望を把握し応募先との交渉をするあたっては医師の思うところを理解できる人物でなければなりません。そのあたりを踏まえ2社くらい登録しておけば良いアドバイザーの方に任せることができます。

交渉力の強さで選ぶ
転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

ベテラン医師も満足
医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」

待遇の良い求人で選ぶ
医師に信頼され30年。医局では見つからない求人情報が常時1万件以上

医師転職サイトの利用方法とメリット

最近は、転職をするのが当たり前の世の中となってきています。昔のように終身雇用が約束されている社会ではなく、すでに終身雇用制度自体が崩壊している以上は、会社員になった以上そのことをよく認識しておかなければいけません。そしてその先にあるのは、転職活動といえます。これは、医師でも同じようなことがいえます。1つの病院で生涯現役で続ける人が少なく、高い確率で転職をすることになるでしょう。

転職活動をするときには、多くの情報が必要になります。できるだけ条件の良いところ、そしてできるだけ居心地の良いところを選びたいと考える人は多いでしょう。このとき、何ら情報がない状態で選ぼうとしても、良いところを選べる可能性は低いです。そこで、転職サイトを利用することでより自分の満足できる職場を見つけることができます。

転職サイトを利用する場合には、様々な種類があるため事前に何を専門的に扱っているか確認しておくことです。医師の場合には、医師転職サイトと呼ばれるところがあります。医師転職サイトとは、病院の求人を専門的に扱っているサイトです。病院の職員や看護師などを募集しているケースもありますが、医者だけを専門的に求人しているところもあります。

専門性が高い情報やアドバイスが専門家から得られるのにも関わらず、医師転職サイトは利用を開始するまでのハードルも低く、かつ無料で利用できるのが特徴です。

医師転職サイトの利用方法は、まず自分の登録をすることからスタートします。登録内容に関してはサイトによって異なるものの、個人情報を入れるため信頼できるところを選んだ方が良いでしょう。また、今までの経歴などを書くことになりますが、できるだけ具体的な数字をプロフィールのところに記入しておきましょう。

サイトに登録すると、求人の内容を閲覧することが可能になります。どのような条件で働きたいかは人によって異なるため、条件をつけて検索することも可能です。忙しい医師ならばある程度の条件を伝えて担当アドバイザーに探してもらうのも良いでしょう。

そして、希望するところが見つかったらそこに申し込みをすることが必要です。そうすると、折り返しメール連絡がきます。連絡は、その日のうちにくることもありますが、翌日か2日後ぐらいに来るケースも多いでしょう。仕事がしっかりしているところほど、連絡は早い傾向にあります。少なくとも、24時間以内に返事をするのが社会人のルールのため、あまり何日もかかって返事をするようなところはやめたほうがいいです。

なぜなら、仕事が回っておらずかなり忙殺される可能性があるからです。その後、面接を行うパターンと書類を送ってほしいと述べてくるパターンがあるため、どちらに該当するか確認をしておくべきです。

面接を行う場合には、二次面接まで行うケースもあるでしょう。大手に関しては、求人サイトに掲載されています。書類だけの場合は、書類の審査をして合格すれば面接に進むことが可能です。一方落ちる場合には、特に連絡を送れないケースがほとんどです。

初めての転職の場合には、どのように面接対策をしたら良いのかわからないかもしれません。この場合には、担当アドバイザーを利用してみても良いでしょう。担当アドバイザーとは、自分が転職に成功するためにアドバイスをしてくれる専門的な人です。

通常は、転職サイトの会社に所属しておりアドバイスを専門的に行っています。そのため、転職に関するかなりの知識があることが多いです。それに加えて、面接対策をしてくれることも利用するメリットの1つといえます。

転職アドバイザーは、面接対策をしてくれるだけでなく各病院の知識なども持っています。小さな病院に関しては詳しく知らないかもしれませんが、大きな病院などはどのようなことを面接で聞かれるかあるいはどうしたら採用されやすいかなどを知っていることもあるでしょう。そのため、詳しい情報をその時に聞いておくと良いです。

ちなみに、転職アドバイザーは絶対に利用しなければいけないわけではありません。これを利用せずにサイトに登録して合格した人もたくさんいます。あくまで、転職に関する知識がない場合にはアドバイザーを利用した方が良いと言うことです。

担当アドバイザーは、自分で選ぶことも可能ですが、サイトによっては最初から選べないケースもあります。アドバイザーの経験値により合否が決まるようなこともあるかもしれません。もちろん最終的には、自分の今までの経験や力量によって合否は決まりますが、アドバイザーを使ってもあまり効果がないようなこともあるため、どのような人が担当しているか確認をすることが重要です。

それ以外に転職サイトを使うメリットはわざわざ出かけなくてもある程度の用事を済ませることができる点です。よくある例は、最初に面接ではなく書類を送ってきて欲しいと言うことです。この場合ハローワークなどに行く必要もないため、その分の時間を大幅に節約することができます。節約した時間で、通常の業務に力を入れることもできますが、面接対策の勉強することもできるでしょう。結果的に、希望している病院の合格に近づくといえます。

医師の転職は「退職理由」が重要

医師の多くは働いている間に転職を考えることが多いですが、そこには様々な転職理由が考えられます。

その一つが激務だからという理由です。厚生労働省により意思が働き方改革について公表がなされているものの、それ以上の残業している人が、なんと全体の約4割にも上るといわれています。女性医師をはじめとし、たとえ男性の中でも育児に専念したいと考えている人もいるでしょう。このような理由で転職を検討している医師は非常に多いものです。

また、周りの人のように給料を増やしたいという考えも理由の一つに挙げられます。医師は基本的に高年収であるといわれていますが、実は働く病院により給料や平均年収には大きなばらつきが見られます。一般的な病院で表すと、国立の場合には平均1430万円ですが、一般診療所の個人の場合には平均1000万円ほどとなっています。

そして、三つ目には開業や専門医の取得のためにスキルアップしたいという理由が挙げられます。将来的に開業したいという思いがあったり、専門医として経験やスキルを得たいという思いがある人も多いものです。それと同時に自分が専門とする分野に特化した専門資格を取得くしたいという人も多いことでしょう。

このように将来開業したいと考えている場合には、小規模な病院で働くことによって、病院の経営状態を知ることができ、転職を検討する傾向があります。大規模な病院、大学病院などの場合には、経営のノウハウが学ぶことはできません。その一方として専門医としてスキルや経験を習得したいと考えている場合には、より多くの症例を学ぶことができる大病院に転職を検討する人が見られます。

開業を見据えて開業しようと考える地域の近くにあるクリニックとのつながりを持ちたいという考えで、転職を検討する人も多いでしょう。

そして医師の間でもやはり人間関係には大きな問題を持つ人も多く、人間関係に不満があるというのも一つの理由です。特に医局の場合となると上下関係が明確に表れます。このような雰囲気を窮屈に感じ、辞めたいと思う人も多いものです。実際に医局を離れることによって自分がやりたかった仕事がやりやすくなったり、プレッシャーが軽くなったなど、うれしい声も聞かれます。

看護師や理事長などとのトラブルなどが原因となっているケースもあるでしょう。

そして、最後の理由は病院の方針転換によるものです。病院の方針によって、自分がやりたいと思っていたことができなくなってしまったという医師も多く見られます。具体的には数多くの手術をこなしたいと考えているのに手術を控えるように指示されるなどがあげられます。これまでにはなかったのに当直や救急などを求められるようになったなどの事例も報告されています。

このようにさまざまな理由がありますが、激務により心身に不調をきたしている人や勤務時間の割に給与が少ない人、自分のキャリアプランが現在の職場ではかなえることができない人は、医師の退職、転職を検討した方がよいといえます。

医師の退職、転職を検討するのであれば、やはり成功できる転職をたいものです。成功できる転職とはどのようなことなのかと考えたときに、やはりその一つに退職理由があげられるでしょう。医師の転職の場合には、面接の際には必ずなぜ前の職場をやめたのかその退職理由を聞かれることになります。

万が一その退職理由を聞いて面接官がふさわしくないと思った場合には、採用されることはありません。退職理由の多くはネガティブな理由が多く、自分の思うようにできない、人間関係が難しいなどの問題が挙げられます。

このようなネガティブな理由をそのまま伝えてしまえば、やはり良い印象を与えることはできません。このようなことから、退職理由はいかなる理由で辞めるにしてもポジティブな退職理由がよいことを覚えておきましょう

例えば本当の退職理由が激務なのにもかかわらず給与が低いというものであったとしても、この場合には効率よく仕事をしたいと変換するのが良い方法だといえます。人間関係が原因となり退職を決めたのであれば、前の職場では意思の疎通が難しかった、そのため周りと意思疎通をとりながら働いていきたいと伝えることによって、次の病院ではこうしたいという思いが伝わり、よい印象を与えることができます。

転職を通じてかなえたいことが明確に分かっている医師もいれば、漠然と転職したいと考えているだけの医師がいるのも事実です。納得のいく転職を行うためには、まずは自分の現在の状況を整理し、転職する際の優先事項を付けることも重要です。

多忙な医師が自分の希望に合う求人を探し出すことはかなり難しいかもしれませんが、人材紹介会社などに相談したり、状況提供を依頼するのも一つの手段です。このようなものを上手に作りだすことによって、面接の際のポイントのアドバイスをもらえたり、場合によっては条件交渉など個人粉をと負担が重くなるものも代行してもらうことができます。

医師が転職で収入を増やすポイント

医師として働いていくうえで、やはり収入については気になることでしょう。医師の仕事は様々な症状のある患者と向き合う非常にハードな仕事であるのにもかかわらず、本当に十分に見合った給料をもらうことができているのか、もう少し収入を上げたいと悩む医師は多いものです。

一般の人から見ると医師は高収入であると思われがちですが、実際には勤務する病院や診療科目により、年収には大きな差があるのが事実です。医師の平均年収としては、民間の病院に勤務する医師の平均値として1544万円といわれています。

この金額は一般企業のサラリーマンと比べるとかなり高収入ではありますが、医師の中でも勤務先の病院や年齢、役職などにより年収にも大きな差がみられるので、必ずしも高収入とは言えません。民間病院に対して国立病院の場合には1425万円、診療所の場合には1215万円となっていて、勤務先により収入の差があることも事実です。

また勤務医か開業医かにより年収にも大きな差があります。一般の診療所の院長は3000万円と、何とも民間医師全体の平均の2倍近い収入の格差があることがわかるでしょう。そのほかに診療科目によっても年収は異なり、その中でも特に美容整形外科の医師は平均年収を大きく上回るともいわれています。

働く病院や診療科目別に見ても年収には差があることがわかりましたが、自分の今の段階で医師が転職で収入を増やすポイントとしては、やはり医師転職が一つの方法に上がるでしょう。せっかく転職を検討するのであれば、収入アップの転職ができるように努力をする必要があります。

医師が転職で収入を増やすポイントとしては、転職した先で確実に年収を増やせる見込みがあるかどうかということです。一般的に医師の給料は経験年数に従い上昇傾向にあります。診療科目や病院の種別などによって異なりはありますが、卒業してからしばらくは一定の幅で上昇し、10年目を迎えるころには1000から1500万円、15年目ぐらいからは役職を持ち始めることになり、1500から1800万円ほどに至るのが一つの特徴です。

厳密な定義はないものの、医師の中で高収入だと判断される金額が1800万円以上だと言われています。年収を実現しているのは限られた一部の医師ではありますが、転職市場を見てみると実際に高収入が出やすい医療機関には傾向があるのが事実です。その傾向を押さえたうえで転職を通じ高収入を実現することが求められます。

その方法としてまず最初に挙げられるのは民間病院に転職することです。民間病院の場合には雇用条件が比較的柔軟であるため、条件の交渉もしやすく、高年収がかないやすいといえます。前の職場の年収をもとにして入職後の給与を設定するところが多く、年収アップが図りやすいのが事実です。

その中でも特に、小規模の医療機関の場合には収益を人件費に回すやすいことから、年収を上げやすいと言われています。手術やリハビリなどの場合には出来高件数が稼げるため、インセンティブ給などといった弾力性のある給与が提示しやすいといえます。

自分の診療方針などと重ねたうえで、納得できる給与体系の医療機関を探し出すことができれば、モチベーションを保ちながら高収入を得ることにもつながります。特に夏から秋にかけての時期は転職活動する医師が少ないので、この時期を狙うことで条件交渉もしやすくなるかもしれません。

二つ目のポイントは医師不足の地域を狙うことです。医師不足の地域は雇用条件が柔軟な傾向にあります。医師の定着を図るために年収面だけではなく希望条件もかなやすく、交通の便があまり良くない場合には送迎やタクシー代などを支給してくれるケースも見られます。

単身赴任になるとなった場合には福利厚生が充実しているところもあり、住宅補助が出たり、自宅に帰るための交通費を負担してくれるなどです。このように医師が不足している地域は、勤務医を確保するために年収はもちろんのこと、そのほかの勤務体系についても良い条件で募集しているところが多く見られます。

特に地方となると一律の就業規則によって医師の待遇を整備していることが多い都市部と比べると、一人一人の医師の希望をかなえることによって付着を図るところが多いのが特徴です。福利厚生だけではなく学会への加入費や交通費の扱いなどにより金銭的な余裕が大きく異なるので、綿密に条件を詰めておくことが求められます。

さらには医療業界のニーズが高い領域に取り組んでみることも一つの手段です。診療報酬で優遇措置が取られている領域に関しては、相場以上の年収が出る可能性も考えられます。優遇措置に関しては一過性のものである可能性も考えられるので、収入だけを見るのではなく、長期的なキャリアプランを形成していくことを考えて挑戦することが大切です。診療報酬改定の動向などを見ながら、今後どのような分野へのニーズが高まっていくのか診療の幅を広げることによって、年収を上げることにもつながります。

失敗しない転職とは

転職をするならば失敗したくないと思うのが普通です。

転職に失敗しない方法は担当アドバイザーにしっかりと自分の希望を伝えることです。年収で言えばいくら欲しいのか。1,200万円なのか、1,500万円なのか。直接、医師自身が応募先と直接交渉しなければならないなら、遠慮して発言する方が日本人らしさがありますが、基本的に年収の交渉は応募先と担当アドバイザーで行われます。ですので1,500万円ほしいなら明確に数字で伝えることです。担当アドバイザーもそのあたりを熟知して交渉を行います。

医師の転職に強いサイト

エムスリーキャリア

転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

ソニーグループ運営の医師求人、エムスリーキャリアエージェントは東証一部上場2社が運営する医師専門の転職支援サービスです。 日本最大級のシェアがある医療メディアと 医療従事者の人材紹介事業会社をグループ会社に持っているからこそ、 最新医療情報と転職事情に精通した基盤×質の高いエージェントから、 納得のいく転職が実現できるようなサービスを展開しています。

【エムスリーキャリア 4つの特徴と強み】
・医師転職エージェント業界では圧倒的に知名度が高い
・医療機関との条件交渉力の強さ
・転職希望医師の登録者数8年連続1位とトップクラス
・利用者満足度96%!

医師転職ドットコム

医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」

求人数が業界最大級で、希望条件達成率も94.7%を誇ります。医療機関の経営コンサルティングを行っている株式会社メディウェルならではの強みといえます。採用を行なう医療機関からの信頼も厚く、条件交渉を得意としているため、ベテラン医師の利用も多くあります。コンサルタントが直接病院へ足を運んで情報収集するため、現場の「生の声」をより詳細に知ることができます。

【医師転職ドットコム 4つの特徴と強み】
・医師の求人数40,000件以上
・充実したサポート力と交渉力がある
・興味のある施設の調査依頼をすることができる
・今後のキャリアプランを立てられる

リクルートメディカルキャリア

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは医師専門の「転職支援サービス」「アルバイト紹介サービス」を提供しており、以下特徴があります。

・常時1万件を超える非公開の求人情報
・リクルートグループのため、認知度抜群
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

タイトルとURLをコピーしました