低血糖と高血糖の特徴の違いと原因

低血糖と高血糖について、わかりやすく解説するならば、まず両者は「血糖値の表と裏」なのだと考えるのが第1歩になります。血糖値とは、人間の体の中を流れるブドウ糖(=グルコース)の濃度の事を言います。これは高すぎても、低すぎても須らく問題を発生させるという特徴がある事と、人間の体の中には血糖値を常に一定に保つ為の機能が備わっている事も知っておくべきポイントです。下げる為にはインスリンが出て来て逆に挙げる為にはアドレナリンやグルカゴン、コルチゾール、成長ホルモンが分泌される事となります。人間が生命活動をする事に欠かせない栄養源である糖質は穀類にイモ類、果物等から摂取可能であり、これがグリコーゲンへと変換されて肝臓や筋肉に貯蔵されて、必要に応じてブドウ糖になり全身を循環し、それを下げる為にはインスリンがあってあげる為にはアドレナリン等の出番と覚えておくと、齟齬(そご)がありません。

続いて、低血糖の定義ですがこれは血糖値の値が「60㎎/dl以下」となった時に該当します。原因と対策で考えていくならば、分かりやすい原因になりやすいのは「食事をしっかりとらない事」や「過酷な運動を長時間続ける事」等が出ます。分かりやすい症状では、集中力が無くなりボーっとしてしまうという物だったり、イライラして切れやすくなってしまうという物があったり、落ち着きが無くなるという様な事があります。こういった症状が出ても更に食事をとらなかったり、運動を続けてしまったりすると頭痛や吐き気、眩暈や冷や汗等が発生し昏倒して死に至る様なケースも無いではありません。(※拒食症であったり、ボクサー等が原料の調整に失敗して死亡する事故等)
分かりやすい予防策としては、「3食バランスよく食事をとったり適度な休憩をして無理をしない事」に尽きますが、この時気を付けなければいけないのは、「お菓子やジュース等は食事の代用品としては不適当」という事です。お菓子やジュースの食べ過ぎ等は高血糖の方の持ち所の様にも思われがちであり、実際そうでもあります。ですが、余りに毎度カロリーが高い物を食べ過ぎていると、インスリンの分泌に重要な拠点である膵臓が消耗してしまいます。その結果、必要以上のインスリンが出てしまい、少しお菓子を食べただけなのに血糖値が大きく減ってしまい低血糖になってしまうという様な事も出て来ます。昨今の切れやすい子供の増加の大きい原因になっているとも言われており、一時的な低血糖状態で体調が悪くなったのを、ジュース等でカバーする程度ならば間違いではありませんが、毎回その手を使おうとするのは問題があると思って下さい。

次に高血糖についてですが、これは「食後高血糖」とも呼ばれます。例えば食事をしたとして通常は大体2時間もすれば「140㎎/dL以下」になるまで血糖値が減少してくれますがずっとこれ以上で下がってくれないケースの場合、高血糖と定義されます。これの原因と対策は、状況によって色々変わりますが、分かりやすい物としては「通常血糖値を下げる為に分泌されるはずのインスリンが分泌されないか、極端に減っている」というのが出ます。
減ってしまった原因が、暴飲暴食による物やストレスからくるダメージ等であるならば生活習慣を見直す事やストレスマネジメントで大きな改善が見込めますが、インスリンが分泌されない病気の筆頭格である糖尿尿になってしまった為ならば専門的な治療をしないと治りません。
この状態を放置してしまうと、動脈硬化症や脳卒中等の致命的な病気も発生しますし、糖尿病だった場合は手足の壊疽症状も出てくる事もあるので深刻にならない間に手を打った方が堅実です。がんの発生率を高める事であったり、高齢者の場合は認知機能に問題が出て来るケースも少なからず報告されているのもポイントです。
この状態を改善する為の方法ですが、低血糖の時と同じ食生活の改善と、無理をしないで適切な運動をする事等が挙げられます。糖尿病を発症する等重症化した場合は、話が変わってしまいますが注意喚起された程度でしたら、1日に必要な平均カロリーを勉強してみたり、間食や偏食癖があるならば是正を考えてみるというのも悪くありません。この時の注意点としては、例えば運動1つにしても長い間運動から離れていた人が急にアスリートの様な事をしてしまうと、体に大きい負担が掛かってしまいます。
その事を勘案するのであれば、ウォーキング範囲から始める事だったり、必要に応じてリハビリメニューを組んでくれる専門病院に相談をしてみる等の工夫をする様にして下さい。一番重要なのは継続出来るか否かですので、「新しい生活習慣として多少の運動を組み込むにはどうしたら良いか」という事で、考えてみるというのも1つの選択肢です。特に血糖値が高い状態の人は、運動時に脱水状態になりやすい等の注意点がありますので水分の携帯等にも注意する様にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました