不織布マスクの効果及び、布・ウレタン素材との違い

不織布マスクとは何ですか?

マスクは「医療用マスク」「家庭用マスク」「産業用マスク」の3種類に区別されます。その中で「医療用マスク」「家庭用マスク」に多く普及しているのが「不織布(ふしょくふ)マスク」です。不織布製のマスクは一般的に三層構造のマスクを意味します。外側の表面不織布、中間に挟んだフィルター機能を有する不織布、内側の顔に触れる不織布で構成されます。

ここでは、不織布(ふしょくふ)マスクとは何か、布、ウレタンマスクとの違い、マスクの選び方などについてわかりやすく簡単に説明します。

不織布は、繊維を織り合わせずに絡み合ったシート上の布です。不織布が一般家庭用マスクに使用され始めたのは、2003年頃でした。これまでマスクに広く使用されていたガーゼに比べ、繊維間の隙間が少なく通気性に優れ、不織布の登場によりマスクの性能が飛躍的に向上しました。

そして使い捨てなので、衛生的でいいです。不織布マスクは一枚の布のように見えますが、実際には3〜4枚の不織布でできており、ウイルスや花粉などの粒子を集めるフィルターが付いています。このフィルターも不織布でできていますが、粒子の回収率を上げるために加工されています。

ガーゼ・布.ウレタンなど様々なマスク素材がありますが、不織布マスクは感染に対して非常に効果的であると言えます。不織布マスクは、どれも同じように見えるかもしれませんがかなり異なります。実際には多くの種類があり、性能は種類によって異なります。

まず、マスクの性能に影響を与える指標は「ろ過率」です。ろ過率は、マスクのフィルター部分でカットできる粒子の大きさや量を示す指標です。一般に、「ブロッキング率」とも呼ばれます。これは、バクテリア・ウイルス・花粉・PM2、唾液の飛沫などをシャットアウトします。粒子はたくさんありますが、それぞれ粒子サイズが異なります。最小のものはウイルスで、サイズは約0.1から0.5㎛(マイクロ)と言われています。

マスクの性能は、小さな粒子を高速で集めるのに十分高いと言われています。このようなマスクのフィルター性能を評価するために、一般的な製品を次のように検査します。約3.0㎛のバクテリアを含む粒子をどれだけカットできるかを示しています。

つまり、「BFE99%」と表記されている場合は、3.0㎛の粒子を99%の確率で切断できることを意味します。細菌感染や花粉症の予防に非常に効果的であると考えられています。約0.1㎛の大きさの粒子をどれだけカットできるかを示しています。PFE値が高いほど、インフルエンザウイルスなどの非常に小さな粒子を含む病原体のカットが向上します。

ろ過率についてですが、約1.7㎛の大きさの粒子をどれだけカットできるかを示しています。一般的なウイルスやウイルスを含む飛沫の遮断効果を示しています。そして、ろ過できる粒子が小さく、ろ過速度が速いほどマスクの性能は向上します。

ただし、優れたパフォーマンスは必ずしも価格に比例するとは限りません。価格は原産地やブランドの影響を受けやすく、流通コストもかかります。そのため、PFEが安いのに高い場合もあれば、高いのに安い場合もあります。マスクの値段だけで判断するのはNGです。ディスプレイをしっかりと確認することが重要です。

また、マスクにはさまざまな用途がありますので、カットしたい粒子に合わせてお選びください。懸念される新しいコロナウイルスのサイズは約0.1㎛です。

しかし現在、「飛沫感染」により新しいコロナウイルスが蔓延していると考えられており、飛沫を切断できる「VFE」の高いものを選ぶことが重要です。一方、新しいコロナウイルスはエアロゾル(空中に浮遊する粒子)に感染している可能性があることが指摘されています。エアロゾルは、液滴よりも小さい可能性があるため、可能であれば「PFE」の割合が高いマスクを選択することをお勧めします。

また一般家庭用は、用途に応じて「花粉対策用」「風邪・ウイルス用」「PM2.5対策用」の3種類に分類されています。試験結果の表記がよくわからない場合は、「PM2.5対策用」と記載されているものを選択してください。

「風邪・ウイルス対策」マスクは、BFE・VFE試験のみの対象となるマスクであるため、エアロゾルが発生した場合、十分な予防効果が得られない場合があります。もちろん、「風邪・ウイルス対策」用の物を着用することで感染を防ぐことができる可能性ははるかに高いです「PM2.5対策」がある場合はそれを選択する必要があります。お勧めです。

布はウレタンに比べれば飛沫の割合が低いですが、不織布マスクの方が優れています。そして、ウレタンはもっとも飛沫の割合が高いため、コロナウイルスの予防の観点から見たらあまりおすすめはできません。

今日、マスクには多くの種類があります。さまざまなタイプやサイズの中から自分に合ったものを選ぶときは、目的、顔への密着性、快適さなどに注意する必要があります。購入する前に実際に試すことはできないので、いくつか試して、自分に最も適したものを選択してください。マスクを選択する際の6つの主要なチェックポイントを紹介します。

まずは、購入前に材料と機能を確認し、次に顔と顔の間に隙間を確認しましょう。購入後、耳に装着すると耳が痛くならないか、呼吸は簡単にできるかこわばりや不快感はあるかを確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました