整形外科と整骨院の領域の違い

整形外科と整骨院を混同して覚えている人は非常に多いと言えます。診察してもらう側からするとどちらも同じようなものに感じられるかもしれませんが、きちんと明確な違いがあることを知っておくべきです。違いを理解していなければ、怪我をしてしまったときに整形外科と整骨院のどちらに行くべきか正しく判断することができない可能性があります。痛い身体で頑張って辿り着いたけれど、思ったような処置が受けられなかった、他の病院を紹介されてしまったということになるかもしれません。このような問題を引き起こさないためにも、整形外科と整骨院の違いをきちんと知っておくことが大切だと言えます。

まず、整形外科は医師が診察を行い、レントゲンやMRI、CTなどを用いて画像検査を行い、その結果をもとに診断を行う医療機関です。整骨院の先生(医師ではありません)の場合は、これらを実施することはできません。病名を確定することができるのは整形外科の医師だけなので、正しい病名がわかっていないのに整骨院に行っても、先に整形外科に行くように指示されてしまう可能性があります。整形外科では診断を受けた後に病態に合った処置や投薬、注射やリハビリテーションを受けることが可能です。必要に応じて手術が行われるのも整形外科だと言えます。もちろん、診断書の作成を行うことができるのも整形外科の医師のみです。

一方で整骨院は柔道整復師がいる場所だと言えます。国家試験である柔道整復師は、身体の痛みに対する施術を行うことが可能です。整骨院に通う場合でも健康保険を使うことができますし、労働災害保険や自賠責保険などの公的保険が適用されることを知っておくと良いでしょう。整骨院を利用する際に健康保険を使用する場合は、捻挫や打撲、挫傷などの急性の怪我、骨折や脱臼などの応急処置が保険の範囲となります。このことからもわかるように、整骨院に行くと日常生活やスポーツ、交通事故などで起きた突然の痛みや外傷に対する処置を行ってもらうことが可能です。具体的な症状をあげるとすると、ぎっくり腰や腰痛、肩の痛みや肉離れ、寝違えやむちうち、靱帯損傷などに対する処置を行ってもらうことができます。整形外科の場合は治療薬を使用しますが、こちらでは治療薬に頼らず痛みを軽減させることが主な目的です。手技療法や物理療法、運動療法や固定法などで身体の痛みを軽減させます。電気や光線、温熱や冷却を行う方法も物理療法に含まれることを知っておくと良いです。比較的遅い時間帯や休日でも処置を行ってもらえることも整形外科と違うポイントだと言えます。ただし、日常生活からくる首や肩のこり・腰痛などは健康保険の対象外で全額自己負担でないと施術を受けられません。

整形外科と整骨院の違いから、いざというときにどちらを利用すれば良いのか何となく判断することができるようになったはずですが、より確実に判断するために詳しい選び方を知っておくと良いです。症状や患者のニーズで最適なものは異なるので、一概にどちらが良いと決めつけることはできませんが、どのような場合にどちらを選ぶケースが多いのか知っておくと良いでしょう。薬を処方してほしい場合や細かく画像検査を行ってほしい場合、交通事故後に警察などに提出する診断書がほしい場合は整形外科を利用するようにしてください。これらは整骨院で実施することができないので、確実に整形外科を受診する必要があります。血が出るような怪我をした場合、骨折や脱臼の可能性がある場合もきちんと検査を行ったほうが良いので整形外科を受診するべきです。整形外科で検査して異常がないと判断されたが痛みが続いている、病院での治療が終わったけれど交通事故の後遺症が残っている、薬なしで痛みをなくしたい、手術を行いたくないというような場合は整骨院に行きましょう。他にも筋肉と骨格のバランスを整えたい、時間をかけて処置を行ってほしいという場合も整骨院が向いています。リハビリを行う場合は整形外科でも整骨院でも実施できることが多いですが、夜や休日に通いたい場合は整骨院、経過も定期的に診てほしい場合は整形外科を利用すると良いです。

どちらも同じようなものだと思っている人は非常に多いと言えますが、整形外科と整骨院にはこういった違いがあることを理解しておくことが大切だと言えます。理解しないまま怪我をしたときにどちらかを利用すると、期待していた処置や対応が受けられない可能性があるので要注意です。あらかじめ、整形外科と整骨院の違いをきちんと理解しておけば、いざというときにスムーズに判断することができるようになります。ひどい怪我をしたときに現在地から近いという理由で整骨院を訪れたとしても、整形外科に行くように指示されて二度手間になる可能性が高いです。整形外科と整骨院はそれぞれ違った役割を担っている場所なので、事前にそれぞれの違いについて確実に理解を深めておき、怪我をしたときには正しい選択を行うことができるようにしておくことが大事だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました