ストレスによる肌荒れを治す方法

ちょっとしたことでイライラしてしまい、ストレスが蓄積しているという人もいるかもしれません。やることがたくさんある時や人間関係が上手くいかない時など、普通に生活を送っているだけでもストレスを全く感じずに生きていくことはできません。

そんな毎日のストレスは肌に悪い影響を与えています。ストレスを感じると肌荒れが発生してしまうこともあるため、効果的な対処法を確認しておきましょう。

ストレスとは外側から圧力や刺激を受け、物体が歪んでしまった状態を指す言葉です。心理的なものをイメージすることが多いかもしれません。ですが、気温の変化や有害物質、睡眠不足といったものがストレスの原因になっていることもあるのです。

ストレスを受けやすい人はすぐに我慢してしまう人です。すぐにストレスを発散できないこともありますが、あまり溜め込み過ぎないように注意しましょう。体内では自律神経の働きにより、脈拍や体温、臓器の働きがコントロールされています。

自律神経には緊張している時に優位になる交感神経と、リラックスしている時に優位になる副交感神経があります。人間がストレスを受けた場合、交感神経を優位に切り替えるということです。それによって血管の収縮などが発生し、免疫機能の低下にも繋がります。ターンオーバーも乱れやすくなりますし、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなるということです。

ちなみに、ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの周期のことであり、これが整っている人は綺麗な肌を保つことができます。ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が増えてしまいますし、皮脂量が多くなります。それが原因でニキビも発生しやすくなるのです。

さらに、バリア機能の低下もニキビの原因になってしまうということです。肌荒れの症状として肌の赤みというものもあります。ストレスを受けるとバリア機能が低下してしまうため、ちょっとしたことで肌が刺激を受けるようになってしまうのです。結果として肌が炎症を起こし、赤くなってしまうということです。

ストレスが原因で肌が乾燥しやすくなることもあります。バリア機能が低下すると刺激を受けやすくなるのですが、これが乾燥肌や敏感肌に繋がるということです。

さらに、肌の保湿力が低下するため、痒みを感じやすくなることもあります。ストレスで肌荒れが発生してしまった場合、埃や紫外線など外部からの刺激に弱い状態になっています。そこでスキンケアを見直し、肌のバリア機能をサポートしてあげることが大切です。

メイク汚れが肌に残っている場合やスキンケアをきちんと行わなかった場合、肌荒れがなかなか治らないことがあります。しっかりとクレンジングと洗顔を行い、保湿を重視したスキンケアを意識して生きましょう。すぐには効果が出ないかもしれませんが、継続することで少しずつ肌の状態が改善されていきます。

スキンケアアイテムの選び方もポイントとなります。化粧品はできるだけ刺激の少ないタイプにするのが良く、肌に必要な水分と油分をバランスよく補っていきましょう。ベタつくからという理由で自己流のケアを行ってしまうのは良くありません。

肌にはある程度の皮脂が必要であり、肌を乾燥させると補った水分まで失ってしまうことになります。ニキビが気になる場合、ニキビ対策に有効とされる製品を選ぶと良いでしょう。乱れた食生活により、肌荒れが悪化してしまうこともあります。肌の状態を改善したいという場合、栄養バランスを意識した食生活を心掛けましょう。

肌荒れに関する市販薬は多く販売されています。すぐに効果を出したいからといろいろな市販薬を購入しがちですが、肌荒れは急になるわけではなく毎日の積み重ねでなるため、治す時も同じように時間が必要です。

ストレス環境下では抗酸化機能が低下し、抗酸化ビタミンのβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEが不足しますが、肌荒れの原因の一つとしてビタミンCが不足していることも挙げられます。ビタミンCは野菜や果実などに含まれています。ビタミンCは、身体にため込めない栄養素のため、一度に多量に摂取しても尿と一緒に排出されてしまいます。そのため、ビタミンCは毎日こまめに摂取し続けることを心がけましょう。肌荒れの市販薬で効果が出にくい場合はビタミンCを取ることで改善できる場合があります。

1日に必要な量をきちんと補うのが難しい場合はサプリメントを利用するという方法でも良いです。

ストレスへの対処法にはいくつかの種類があります。まずはゆっくり休むという方法です。体や心が疲れたと感じた場合、十分な休息を取るようにしましょう。普段から睡眠不足の人などは注意が必要です。仕事などで忙しい人もいるかもしれませんが、休日などはゆっくり休むことがポイントです。また、仕事の合間に一息入れたり、短い昼寝を取り入れるといった方法も効果的です。

脳や体を活性化させるためには、趣味の時間を作ることも大切です。軽いスポーツや音楽を聴く、旅行に行くといった方法が良いでしょう。無理に趣味を作る必要はありませんが、自身に合った方法でストレスを発散することが重要です。週に数時間程度でもストレス解消の効果が期待できます。ストレスの原因そのものにうまく対処することも大切になってきます。

苦手な相手がいる場合、接し方を変えてもらうなどの方法を試してみましょう。周囲の人に仲裁に入ってもらうのも良いですし、職場なら配置転換をしてもらうと良いかもしれません。ストレスの原因に対する考え方や感じ方を変える解決方法もあります。日頃から意見が合わない人がいる場合、新しい視点を与えてくれる人だと考えることにより、ポジティブに受け止められるようになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました