ストレスとは何かをわかりやすく解説します

医学における「ストレス」とは種々の外部刺激が負担として働くときに心身に生ずる反応または機能変化を意味し、そのゆがませる要因を「ストレッサー」と呼ぶ。大きく3つに分類され、寒暑・騒音・悪臭などの物理化学的ストレッサー、飢餓・感染など生物学的ストレッサー、人間関係・仕事上の問題・家庭の問題などの心理・社会的ストレッサーがある。

現代はストレス社会と言われており、普通に生活しているだけでも心に過度な負担がかかりやすいです。一時的に気持ちが落ち込むだけなら大きな問題はありませんが、慢性的に心労として蓄積していくケースが多く見受けられます。

自覚がなくても、本人のパフォーマンスは大きく低下した状態になっているのです。勉強や仕事に集中できないというのが代表的な症状ですが、放置していくとそれ以外の面にも影響が現れ始めます。ストレスによる体調不調が起こり始めたら、深刻化させないことを意識して真剣に対処しなければなりません。

とはいえ、手軽にできるストレス発散法はたくさんあるので心配しなくても大丈夫です。たとえば、体を動かすことは気分転換にうってつけであり、無理にでもスポーツをすることでリフレッシュできることもよくあります。メンタルの不調が体に悪影響を与えることからも分かるように、両者は密接な関係にあることを覚えておきましょう。

すなわち、体が運動によって快適な状態になれば、メンタルも芋づる式にリフレッシュできるというわけです。ただし、スポーツであれば何でも良いというわけではありません。

サッカーが苦手なのに、リフティング100回を目指してチャレンジしてもストレスが溜まるだけです。体力がない人がマラソンをしても体が悲鳴をあげて苦しくなるだけでしょう。

ポイントになるのは、自分の得意な種目を選んで楽しめるようにすることです。泳ぐことが好きならスポーツジムのプールに行ってみると良いでしょう。運動といっても、派手な動作を伴うものでなくても大丈夫です。歩くことが好きなら、街の景色を楽しみながらウォーキングをすると新鮮な気持ちになります。

外に出たくないなら自宅でストレッチをするだけでも十分です。階段を使って踏み台昇降をするなど、創意工夫により自宅でもストレス発散につながる運動を行えます。楽しいテレビを見ながら取り組めるという利点もあり、メンタルとフィジカルの両面から一気にケアしやすいこともメリットです。

音楽や読書が好きなら、それらを堪能することも良い手段といえます。部屋にハンモックをつり下げて、そこに寝転びながら楽しむとリゾート地にいるような感覚になるでしょう。特に音楽が好きでない場合でも、ヒーリングミュージックをかけておくことで、リラックス効果が高まることを期待できます。雨や滝など水系の環境音は、日常の喧騒から意識を引き離しやすいので人気があります。安眠を目的として、枕元でそのようなホワイトノイズを発生させる装置も販売されているぐらいです。クラシックやジャズでも構いませんし、激しいメロディが好きならロックでも大丈夫です。とにかく、聴いているときに自分の気持ちが最も安定するものを選ぶ必要があります。

実際に自然の中で過ごすこともストレスの解消の手段として優秀です。山や川にでかけてアウトドアを楽しんでいると、嫌なことが頭の中から立ち消えていきます。美術館や博物館で芸術品を鑑賞することも同様の効果を期待できます。これらはいずれも視覚に重点を置いたストレス発散法です。

人間は情報の大部分を目から得ているので、そこからアプローチするのは理にかなっています。毎日の暮らしにおいて、気分に悪影響を与えるものをたくさん目撃しているはずです。自然や美術品を眺めることはそのデトックスに他なりません。自分の愛している人の顔など、とにかく好きなものに注目する時間を長くすることが重要です。

嗅覚も実はストレス対策にとって重要な感覚となっています。自分の好きな香りを嗅ぐことで、穏やかな気持ちになる効果を期待できます。アロマテラピーはそれを最大限に活かせる方法です。

そう言われても、実践するスキルがないので難しいと感じる人もいるでしょう。たしかに専門的な方法もありますが、ガーゼに染み込ませて近くに置いておくだけでも十分です。読書やテレビを楽しむときに、そばに配置しておくだけで心地よさが感じられます。

オイルの種類によって異なる作用がありますが、落ち着きやすいと感じるものを選べば問題ありません。好みが特にないなら、万人受けしやすいラベンダーやローズといったフローラル系が良いでしょう。いくつか買っておいて、ローテーションで使用していくのも一つの手です。

その他に、味覚を利用して好きな物をたくさん食べる方法などもあります。なお、お酒を飲むこともその一種ですが、こちらはアルコールによる高揚感も関係しています。いずれにせよ、食べ過ぎや飲み過ぎには注意しなければなりません。

上記の取り組みを行っても改善しなければ、医療機関を利用することも視野に入れてください。そう言われても、ストレスに関する悩みは何科へ行けばいいのか分からない人もいるでしょう。最初は近所のかかりつけ医でも構いませんが、本格的に改善したいならメンタルヘルスを得意とする心療内科や精神科でしっかり診てもらうことが大事です

現代社会からストレスを無くすことは不可能です。しかし、あたなの心の中からストレスを無くすことはできるのです。いきいきとした自分を続けるために。

タイトルとURLをコピーしました