「尿とはいったい何か」を解説

尿とは腎臓で血液が濾過されて作られる排泄物です。人間の血液の中には、体の組織の代謝活動の結果として発生した老廃物や、有害な化学物質などが含まれています。これらが濾過(ろか)されて尿になるということです。そのため尿の中に含まれている成分と、血漿成分の二つを比較してみた場合には、尿の中には血漿中(けっしょうちゅう)に存在する体にとって必要となる成分はほとんど排泄されません。反対にいらない成分が高濃度で濃縮されて排泄されているということです。また不要な老廃物だけではなく、水やナトリウム、糖などといった有用な成分なども多く含まれています。尿の仕組みについてわかりやすく解説をみていきましょう。

実際にどのようにして作られるのかと言うと、腎臓で血液から作られます。血液には全身の臓器に栄養や酸素を運ぶと同時に、体の中にある老廃物や有害物質などを集めて、腎臓に運ぶ役割があります。血液が腎臓に流れ込むと、腎臓では老廃物や有害物質、必要のない水などが濾過(ろか)されて尿の元が作られることになります。その後尿細管などを通り腎盂(じんう)と呼ばれる場所に集められ、必要な成分が再吸収されて残った1%が尿として体外に排出されます。腎臓は血液から老廃物を濾過(ろか)して、体の外にすっている役割がありますが、それ以外にも体に必要となる栄養素や水分を戻す過程を踏んで、血液の濃度を調整する役割もにないます。1日に腎臓がろ過できる血液はよく150mlほどであり、健康な大人の場合には、1日に800から1500mlの尿が作られます。

体の外に出される仕組みとしては、腎盂(じんう)に集められた尿が、尿管と呼ばれる管を通り膀胱(ぼうこう)に流れ、最後に尿道を通り体の外に出されます。膀胱(ぼうこう)とはつまり貯水タンクのような役割を果たすものであり、容量がいっぱいになると尿意が起こります。膀胱(ぼうこう)の平均的な容量としては300から400ミリリットルほどと言われ、ここに150から200ミリリットルほどの尿がたまるとトイレに行きたくなる仕組みです。

1日の排泄量としては、健康成人の場合には、一日におよそ1500ml前後が排出されると言われています。しかしこの量の変動は水の摂取量によって決まり、水をたくさん飲んだ時はその分、尿の量も増加して、反対に水分の摂取量が少なかったりたくさん汗をかいた場合、または下痢などによって水の喪失が多い場合には量が減少します。このようなことから水の摂取量や総質量などに応じて量を調節し、体内に含まれている水分のバランスをとっていることがわかります。最低の限界は1日に500ミリリットルであるとされていて、これ以上の尿を排出しないでいると、老廃物を水溶液として排出しきることが難しくなります。反対に霊が持続的に3000ml以上になった場合には、多尿と呼ばれる状態になります。どんなに健康な人でも水をたくさん摂取した後には量が3000ミリリットルを超えることもあります。生成されるようは夜間の睡眠中には少ないですが、に駐車場を貸して夜間の2から4倍ほどになります。

尿の主成分は水であると分かりますが、通常であれば95%ほどを水が占めています。100ml中の固形物は平均5gありますが、そのうち一番多いものが尿素で約2gとなっています。尿素はタンパク質に由来するものであり、食事から摂取したタンパク質や、体を構成するタンパク質が分解されて排泄されることになります。つまり尿素がどれだけ排泄されるかは、タンパク質の摂取量に大きく関わってくるというわけです。また塩化ナトリウムが平均で約0.6g含まれていますが、これはどれだけ食塩を摂取したかにより影響を及ぼします。またわずかな量ではありますが性ホルモンやビタミン類とケトン体なども排出されます。

尿は健康のバロメーターとも呼ばれていますが、尿の色が濃くなる時があるのです。一般的な健康の人の尿は透明であり、色は無色、もしくは淡い黄色の状態です。この色が基本となるのは、ウロクロムと呼ばれる色素です。その起源はよくは分かっていないのですが、量が少ない時には黒、量が多くなるにつれて無職に近づくとされています。透明さが失われて混濁(こんだく)することもありますが、この場合尿路の炎症などによりそこから脳が混じる場合、塩類が溶けずに排泄される場合などが挙げられます。また血液が混じっている状態を血尿と呼んでいます。新鮮な出血であれば鮮やかな赤色をしていますが、出血後時間が経過していると褐色のような色になります。腎臓や尿路の炎症が発生していたり、主要、もしくは結石などにより出現することがあります。健康な人でも激しい運動をした後などには認められることがあると覚えておきましょう。

生活習慣病の症状の一つに、夜間頻尿が発生することがありますが、日本人の場合には、男女を問わず多くの人が夜中に一度はトイレに起きる傾向にあります。しかしその回数が2回、3回と増えてきたら注意が必要です。寿命を縮める病気が隠れている可能性もある為、病院で相談することも視野に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました