シミ・シワのできる原因・理由

シミ・シワは年齢とともに現れるものであり、シミは顔だけでなく手や足に、シワもまた首などに現れます。そのままにしておいても良いですが、できるだけ若々しくいたい場合、原因と対策を知って対処する必要があります。

シミやシワがどうしてできるかをわかりやすく解説します。この2つは主に紫外線を浴びることによってできやすくなります。

まずシミができるかをわかりやすく解説すると、紫外線には肌にダメージを与えてしまうUVAとUVBの2つの種類があります。この2つのうちUVBが問題であり、波長は短いのですが強いため少し浴びただけでもやけどのように赤くなってしまいます。多く浴びることにより、肌はダメージから守ろうとメラニンを多く作り、それがシミの原因となります。人間の場合、肌は一定周期でターンオーバーをしており、メラニンが排出され元の肌に戻ることができます。ですが必要以上にメラニンを作ってしまった場合、正常にターンオーバーをすることができず、停滞し、やがて色素沈着をしてシミとなります。なおシミができるのは、ある意味浴びすぎてしまった紫外線から肌を守ろうとした結果であり、すべて紫外線が悪いわけではありません。紫外線にはビタミンの合成に関与しており、体を健康にする力があります。そのためできるだけUVBに当たらないようにしなくてはなりません。

次にシワができるかをわかりやすく解説すると、 シワもまた紫外線が関係しています。シワにはコラーゲンやエラスチンと呼ばれる真皮の部分の弾力に関係する物質がダメージを受けて発生する真皮性のものと、目元や口元の表面部分にできる表皮性とがあります。シワの場合紫外線のUVAが関係しており、UVAはUVBに比べると波長が長いので、肌の奥まで紫外線が浸透してしまいます。その結果肌のハリに関係するコラーゲンなどの組織が破壊されてしまい、深いシワへと変化をします。さらに真皮性の場合、自然に老化したことが影響している自然老化と紫外線、すなわち紫外線によって起こる光老化があります。光による光老化の方が深くなる傾向があり、一度できてしまうとなかなか改善していきません。なおいくら外に出かけないようにしていても、シワの原因となるUVAは窓ガラスを通り抜ける性質があり、曇りの日に大変多くなります。曇りの日だからと手入れを行ってしまうと、あっという間にシワができてしまうので注意が必要となります。

このほかの理由として、糖質のとりすぎやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足など生活習慣の乱れがあげられます。糖質のとりすぎの場合、肌と直接関係がないように感じますが、糖化によって肌の老化が進みます。糖質の性質上、代謝しきれなかったものはコラーゲン線維やエラスチンと結びついてしまいます。結びついたコラーゲン線維は弾力がなくなり、たるみ、そしてシワを作り出します。さらにコラーゲン線維そのものは白いのですが、糖化することによって薄い茶色へと変化をし、それがくすみの原因となります。

ホルモンバランスに関しては30代から40代ごろが多く、ホルモンの分泌量に変化が生じたことで引き起こされます。女性の場合、出産をすることが多く更年期になると生理が止まるなど、ホルモンのバランスは乱れてしまうことが多いです。体だけでなく精神的に追い詰められた時にもホルモンバランスは乱れており、乱れないようにするにはできるだけストレスをためないことが大切です。

この他、保湿や洗浄不足があげられます。いくら紫外線対策をしていても十分に保湿されない場合、肌のj表面にある角質が十分に機能せず、バリア機能を低下させ炎症を起こしやすくしてしまいます。30代になると急激に体の保湿成分が減っていくので、意識をしてケアをしなくてはなりません。洗浄不足においては、メイク落としなどを適切に使用しない場合に起こりやすく、残ってしまった化粧品の油分や皮脂が酸化の原因となり、シワができやすくなります。特に洗浄能力が低いミルクタイプのものは、シワの間や毛穴にファンデーションが残ってしまうので注意が必要です。ですが洗浄不足の場合、汚れを落とそうとしてごしごしとこするとくすみの原因となります。さらに必要な皮脂まで流してしまうので、肌荒れの原因となりターンオーバーが正常に働かなくなってしまいます。洗顔をした後何もしないで30分ほど過ごし、その間ずっと肌がつっぱっているようであれば、使用しているクレンジング剤が強すぎる可能性があります。肌の状態を見て自分に合ったクレンジング剤を選ばなくてはなりません。

シミ、シワの対策は徹底した紫外線対策と正しいスキンケア、そしてメラニンを阻害するビタミンCやビタミンEの摂取があげられます。紫外線は窓を通過して侵入してくるので、家の中でも日光の当たる場所に行かない、など工夫をする必要があります。保湿に意識を向け、肌を柔らかい状態に保つことも大切になります。

タイトルとURLをコピーしました