「三大疾病とは何か」をわかりやすく解説

三大疾病などの言葉を知っているけれども、具体的に3種類の疾患を知らない人は意外と多いのではないでしょうか。こちらでは、三大疾患とは何かわかりやすく解説することにしましょう。日本人の死因には様々な病名があるわけですが、死因の上位ベスト3には何があるのかご存じですか。日本人の死因上位3位は、がん・心疾患・脳血管疾患の3つになりますが、がんといっても胃がん・肺がん・子宮がん・乳がん・大腸がんなどいろいろな病名が存在します。基本的には、どのような部位にがんが発症するのか、これにより病名が変わるのが特徴ですが、正常な細胞ががん細胞に変化して身体からの命令を無視した形でがん細胞が増殖をし続けてしまう、周囲の組織や臓器などを破壊しながら広がってしまう、機能不全などを引き起こす疾患をがんと呼びます。

心疾患は、心臓の病気になるものですが、心臓は全身に血液を送るポンプの役割を持つ臓器です。心臓の活動に欠かすことができない栄養や酸素を送る血管が、動脈硬化などが原因で詰まって生じる虚血性心疾患が心疾患の代表的な病気で、心筋梗塞や狭心症などが虚血性心疾患に含まれます。他にも、心臓弁幕症や心筋症・心肥大や不整脈なども心疾患に分類される病気です。脳血管疾患は、文字通り脳内の血管に問題が生じてしまう病気になりますが、脳内の血管にダメージが生じれば脳へのダメージを受けてしまう、脳内出血やくも膜下出血、脳梗塞などが代表的な脳血管疾患で、この代表的な3つを総称して脳卒中と呼ばれています。

この三大疾患とは何か、わかりやすく解説をしておきましたが、これらの病気の内訳をみると大半の病名は認知しているものが多くあるのではないでしょうか。では、次に三大疾患のリスク要因になるものにはどのようなことがあるのか、これを知っているか否かでリスクを下げることができます。がんの代表的なリスク要因、それは喫煙・食品添加物・発がん性物質・特定のウィルスや細菌・放射線・紫外線など外部からの刺激によるものです。煙草は肺がんの要因になるもの、最近の煙草のパッケージには肺がんや心筋梗塞などの虚血性疾患、脳卒中になる危険性を高めるなどの表記が行われているわけですが、煙草を吸うことで三大疾患へのリスクを高めてしまうなどのことがわかるのではないでしょうか。

オゾン層の破壊、これは地球上のすべての生物に悪影響を与えるものと知られているわけですが、紫外線や放射線などオゾン層の破壊により多くの量の光線が地球上に放射されてる、これを100%防御することは難しいけれども日焼け止めや帽子・サングラスの着用などである程度の対策を行うことができます。食品添加物は、多くの加工品に利用されているものではあるけれども、加工品を購入するときには添加物が使われていないものを買い物かごに入れるようにする、パッケージをチェックして添加物がなるべく少ないものを選ぶなどで予防することは可能です。発がん性物質と聞いたとき、どのようなものが相当するのだろうかなどと考える人も多いかと思われますが、焼き魚の焦げ目やトーストを作ったときに黒い焦げ目などは発がん性物質です。そのため、料理をするときの工夫を行い焦げ目が極度につかないようにすることも大切ですが、焦げてしまった部分は取り除いて食べるよう心がけましょう。

心疾患および脳血管疾患、これらはいずれも動脈硬化から起きるといわれていますが、動脈硬化のリスク要因には高コレステロールや高血圧、喫煙や糖尿病、肥満や運動不足、そしてストレスなどがありますので自らリスクを下げるような生活を送ることが大切です。生活習慣病の予防、これは糖尿病や高血圧症などの予防を意味するものとなりますが、生活習慣の見直しおよび改善は心疾患や脳血管疾患の予防にもなるものですから三大疾患のリスクを下げる効果を期待できるわけです。

では、三大疾患にならないためにどのような点に注意をすれば良いのか、具体的なことを知りたい人も多いといえます。高カロリーや高コレステロールの食品は極力避けること、甘いものを食べすぎてしまう人や早食いをする人もリスクを高めてしまいます。そのため、甘いものも極力控えることや食事をするときにはゆっくり時間をかけて良く噛んで食べることを心掛けると良いのではないでしょうか。早食いは肥満にも繋がる動作ですから、ゆっくり食事を摂ることはダイエット効果も期待ができるなどに繋がります。揚げ物をたくさん食べたい、このような人は多いかと思われますが揚げ物もカロリーが高めのレシピですから、極力控えることや油は酸化しにくいといわれているオリーブオイルやな棚油などを使うことが良いとされます。

塩分の摂りすぎに注意すること、ビタミンCやビタミンE、カロチンやEPA・DHAなどのような抗酸化作用を持つ食材を積極的にメニューに取り入れること、適度な有機酸素運動を習慣化させストレス解消にも繋げるなど生活を見直すことが最大疾患のリスクを下げる効果に繋げてくれるわけです。

タイトルとURLをコピーしました